『猫は好きじゃない』男性の世界観を変えてくれたのは障害を持つ一匹の子猫だった

感動
スポンサーリンク

猫が嫌いな男性が障がいを持つ猫と一緒に暮らしたことで、何かを学びました。

猫嫌いの男性の世界観を変えた猫

『僕は猫は嫌いだった。僕は猫が憎いと思っていた。それなのに、僕は猫と一緒に暮らすことになった。そのことで僕の世界観が変わってきた。』

スクーター”という猫が、彼の猫に対する認識を変えました。スクーターの下半身は麻痺していました。

足をなめる猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=dsSHRIM_J8g

彼はすぐに愛猫家になりました。家ではスクーターと彼のふたりだけでした。スクーターとお話したり、歌ったり、変なニックネームをつけたりしました。

ドアの前で待っている猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=dsSHRIM_J8g

彼が家に帰ってきてドアを開けると、必ずそこにスクーターが出迎えに来ています。

猫嫌いの男性と障害を持つ猫の出会い

嵐の後、友人の家の敷地内で2匹の子猫が発見されました。その翌日から2匹の子猫のお世話が始まりました。

捨てられた当時の子猫2匹

出典:https://www.youtube.com/watch?v=dsSHRIM_J8g

それが運命の出会いでした。暫くしてスクーターは普通の猫とは違うことに気が付きました。スクーターは4本足で立ち上がることができなかったのです。背骨の変形で生まれてきました。

彼の別れたパートナーがもう1匹を連れて行きました。スクーターは彼がお世話することになりました。

安楽死なんかさせない!猫に寄り添った生活様式に

最初の獣医はスクーターを安楽死させることを薦めてきました。しかし、彼は安楽死させることは望んでいませんでした。何故なら、背骨が変形して生まれてきたことは彼の責任ではないからです。

保護当時の足に障害がある猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=dsSHRIM_J8g

彼は、スクーターが暮らしやすいようにいろいろ工夫を凝らしました。

スロープを登る猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=dsSHRIM_J8g

家中、スクーター仕様にしていました。スクーターはそれなりに適応していきました。スクーターの足にコードが絡まないように彼は工夫しました。コードを壁に貼り付けました。

最後に

彼はスクーターのことをとても気遣っていますが、スクーターはそんなことはおかまいなしで、独自の選択をいつもしています。

『スクーターが気づかせてくれたことに感謝しています。人生はそんなに悪くないと。』

動画:

Comment

  1. 名無しのもふもふ

    世界1番幸せな猫