下半身麻痺の子猫『ロッキー』はチャレンジをやめません!

感動
@rocky_onwheels
スポンサーリンク

偶然、命を救うことになった子猫は下半身に麻痺を抱えていました。

命の灯火が消えそうな子猫

「私が彼を発見した時、彼はかろうじて呼吸をしていました。」

瀕死の子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6X4bvmYj3pA

「もしもあなたがこの窮地を切り抜けて生き抜いたら、私はあなたに”最高の生活”を約束します!」と誓いました。

その結果、彼は鳴き声を少しだけだが発することができました!

かろうじて鳴き声をあげた猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6X4bvmYj3pA

ダウンさんの夫が仕事場で彼を見つけました。

「もしも、私の夫がそこで働いていなかったら、”ロッキー”は助かることはなかったと思うと、胸が張り裂けそうになります。」

保護されタオルで包まれる子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6X4bvmYj3pA

彼は本当にまだ幼くて目も完全には開いていませんでした。授乳もなかなかうまく飲めなくて、難しかったそうです。

子猫の下半身に異常が?

保護して2週間後、彼の下半身がいつも床についていることに気が付きました。

「私は彼を神経科に連れて行きレントゲンを撮ってもらいました。その結果、ロッキーは後ろ足もしっぽも感覚がないと言われました。」

前足を踏ん張る子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6X4bvmYj3pA

「しかし、私も獣医師もそうは思いませんでした。
何故なら、後ろ足を刺激した時、ロッキーは振り返りますし、キックします。」

子猫に車椅子を購入

ママがロッキーに車椅子を買ってくれました。車椅子で支えて、後ろ足で地面を蹴ることをサポートします。それで鍛えられて歩けるようになることを願いました。

車椅子を使う子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6X4bvmYj3pA

「彼は後ろ足を使うことにそんなにまだ馴れていなかったので、車椅子を使うのは長時間は避けました。彼の足が疲れないように気を付けていました。」

「彼は疲れてくると彼のベッドに行きます。それで私は車椅子を外します。」

車椅子とハーネスでリハビリ

彼に運動をさせ動き続けることで、うまくいけば神経が再生されることを願っています。ロッキーはハーネスで下半身を支えると、まるで自分自身で動いているような気がしているのか、ご機嫌です。

車椅子とハーネスでリハビリを受ける子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6X4bvmYj3pA

ロッキーは車椅子がなくてもハーネスがなくても1日中家の中を走り回っています。ボールを追いかけてものすごいスピードで走り回ります。誰も彼を止められません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rockyonwheels(@rocky_onwheels)がシェアした投稿

彼はまさに闘い続ける”ロッキー”です。なんでもチャレンジして諦めることはありません。

Comment