誰も予想しなかった!半身麻痺の子猫が歩けるようになる

感動
@thekittencarer
スポンサーリンク

下半身麻痺で安楽死される事になっていた赤ちゃん猫。ジェシカさんは、この猫レンリーを引き取って運動療法などのリハビリを続けました。その結果、生後6か月になった現在、猫は歩けるようになったのです。ジェシカさんとレンリーは、強い絆で結ばれた大事な家族になりました。以下は、ジェシカさんの語りによるビデオです。

下半身麻痺で安楽死寸前の子猫

最初に猫が来たときは、ただ転がったり、体を引きずっていこうとしたりしていました。動物病院で看護婦をしている友人が、ある日連絡してきました。生後4週間の子猫がいるというのです。

持ち込まれてきた子猫は、半身が麻痺していて歩ける見込みがないので、病院ではこの子を安楽死させるということでした。

下半身麻痺の子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=zyfuwNhxr4Y

これを聞いて、私は思わず「私が面倒を見るわ」と答えていました。さっそく、子猫を受け取りに行き、自宅に連れてきたのです。

麻痺した下半身には、筋肉はついていない状態でした。だから、この子は体を引きずって床の上を移動していました。でもこの猫は、本当にかわいいんです。体が不自由でも、普通の猫のように活動するのだ、という決意がみなぎっていました。

運動療法や針治療でリハビリ

家では、運動療法を施しました。筋肉がつくように後ろ足を、自転車こぎのように動かしてやるのです。そして、歩くときは下腹を支えて補助してあげました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌼Jessica Ruf(@thekittencarer)がシェアした投稿


それから血行が良くなるように、動物病院で指圧療法(針治療)も受けました。神経障害にもいいそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌼Jessica Ruf(@thekittencarer)がシェアした投稿


以前は、前足だけでぐるぐる回るか、あきらめて動かなくなるかで、あまりたくさん運動はできなかったんです。でも今は、普通の猫のように動き回ることができるようになりました!

「この子が歩いているのを見るのは楽しいし、とってもかわいいんですよ。」とジェシカさんは言います。本当に、ずいぶん歩き回れるようになりました。

子猫の親友はウサギのぬいぐるみ

この子には、ちょっとした癖があって、よくおしゃべりもするんです。ちょっと変わった小声で、ミャオと鳴きます。それから、小さなウサギのぬいぐるみが大好きです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌼Jessica Ruf(@thekittencarer)がシェアした投稿


生後4週間の時から、ずっと一緒のぬいぐるみです。一緒に遊んだり、眠ったり、口にくわえて運んだり・・・いつも仲良しです。今やこの猫は生後6か月になりました。でも、うさぎのぬいぐるみは、依然として猫の大の親友です。

これからもずっと一緒

ジェシカさんは言います。「一時的に面倒を見るつもりでいましたが、この猫とずっと一緒に暮らすことにしました。そう、この子は私の猫よ。この子は私といるのが一番だし、私もこの猫と一緒にいるのが幸せ。お互い、愛し合っているのです(笑い)。」

「この猫は、私の人生を変えてくれました。生きる力や勇気、そして不屈の精神とは何かを、この猫から教わりました。この猫はほんとうに打たれ強いんです。数々の困難を乗り越えてきました。本当に奇跡ですね。」

ジェシカ・ラフさんと猫のレンリーのその後はInstagramで確認することができます。是非チェックしてみてくださいね!

Comment

  1. 名無しのもふもふ

    とてもとても素敵な話し