人間に対して攻撃的だった猫の「バーバラ」彼女のママは心を開いてくれるまで優しく寄り添い続けた

感動
スポンサーリンク

それは、1枚の猫の写真からすべてが始まりました。

心を開かない不機嫌そうな猫

この不機嫌そうな猫が初めてママに愛を示したとき、彼女は信じられない思いでした。

「それは米国史上最も重要な日のような気がしました。」

それは明け方の4時でした。彼女が私の顔全体にすり寄ってきて、私は目が覚めました。それはとても純粋な行為でした。

「私は泣きそうになりました!」

シェルターに連れてこられた猫

サラさんが彼女の写真を見たことですべてが始まりました。サラさんは、バーバラの里親になるべきだと直感しました。彼女には愛が必要だと感じたのです。

最初の数日間はそれはハードなものでした。

バーバラは子猫の時に、人間のパパがいました。でも、パパはバーバラの目の前で、心臓発作で他界しました。彼の家族がバーバラを育てようと試みましたが、手におえませんでした。そのため、家族は彼女をシェルターに連れて行きました。

しかしシェルターは、彼女は里親探しはできないと判断しました。そのためベス・スターンさんという方が彼女をシェルターから引き出しました。

「私はスターンさんを尊敬し、SNSでフォローしていました。」

それがバーバラとの出会いです。

心を開いてくれない猫への接し方

最初はバーバラにとってもハードでした。新しいママを信頼するのに時間がかかりました。

「1日中床板の下に隠れたり、部屋中私の後をついてきたり、私は足を守るために、膝までのブーツをはかなければならなかったり、ある夜、私の顔を攻撃したりしました。

それでも、私は彼女を諦めたりしたくなかったです。しかし、私は彼女をどうやってコントロールしたらいいのかわかりませんでした。」

しかし、サラさんは、ある日、バーバラに居場所を与えることを学びました。

「バーバラと私は常にスペースを共有していました。それは彼女にとって拷問だったのです。」

「私は彼女の立場になって考えてみました。そして、彼女が必要であるときに私の元に来るようにするべきだと気が付いたのです。」

「すると、彼女から私に寄ってくるようになったのです。」

バーバラはそれから彼女自身の殻を破りました。彼女はとても甘えたい時間があり、また一人で遊びたい時間を持っていました。バーバラは、徐々にサラと一緒に活動する周囲の人たちにも心を開き始めました。

サラさんは他の動物たちをレスキューする活動をしています。バーバラは彼女の良きパートナーとなっています。バーバラのことを投稿することで、フォロワーが増えています。彼女が克服したすべてが、とても刺激的でした。

動画

Comment