歩けないことだけで『生きる価値がない』と獣医師達に判断された犬

悲しい
スポンサーリンク

収容されたシェルターで運命の出会いが待っていました。その出会いがなければ、この犬はどうなっていたかわかりません。

犬との運命的な出会い

ジャーミーは、どこに行くにもロージーを連れて行きます。

「彼女はジャーミーと一緒なら幸せなんです。ロージーは、彼と一緒ならどんな時でも安心できるのです。」

https://www.youtube.com/watch?v=8Y_nTrdS_HY

ジャーミーは、ロージーをレスキューして以来、決して置いてきぼりにはしません。

シェルターに保護された一匹の犬

2017年1月、彼女は路地にひとりでいた所を発見されました。発見者は、彼女を地元のシェルターに連れて行きました。そのシェルターで、ジャーミーがボランティアをしていました。

「彼女はシェルターが閉館する15分前に連れて来られました。彼女の発する臭いはかなりひどかったです。彼女の足はすべてめちゃくちゃでした。私達は皆、足を骨折しているのだと思っていました。」

https://www.youtube.com/watch?v=8Y_nTrdS_HY

ジャーミーは彼女を洗い、そして言いました。

「週末だけだけど、僕の家においで。」

しかし、それは彼らの絆が出来上がった瞬間となりました。

獣医師達の悲観的な意見

「彼女と過ごすのは”時間の無駄”と言った獣医たちもいました。彼らは、”彼女の体調は半年以内に悪化するだろう”と言いました。”生きている価値がない”と言ったのです。」

https://www.youtube.com/watch?v=8Y_nTrdS_HY

しかし、ジャーミーはそうは思いませんでした。

共に過ごす事で変わっていった犬の性格

彼女の性格はジャーミーの家で過ごすようになって、変わりました。最初の1週間でそれがだんだん出てきました。彼女は食欲旺盛で、トイレは外派。

「彼女をもう手放せなくなりました。」

他の犬や猫達とうまくやれるのか不安がありましたが、その心配は不要でした。

友達ができた犬

https://www.youtube.com/watch?v=8Y_nTrdS_HY

殆どの人たちが彼女は寝たきりの犬だと思い込んでいますが、それは間違いでした。彼女はとても感情豊かな生命力溢れる活発な犬でした。もし、彼女が普通に歩けていたら、多分めちゃくちゃ振り回されて大変だったと思います。

どんなに体にハンディがあろうとも、生きる価値がない命なんてものはこの世には存在しないのです!獣医師さんたちは、動物たちの命を助ける職業だと思ったのですが…外見だけで”生きる価値がない”と、判断した獣医師さんには残念な気持ちになります。

動画:

Comment

  1. 名無しのもふもふ

    ありがとう☺️