子猫を飼うのに乗り気ではなかった夫が一目惚れした子猫は生まれつきのハンデを抱えていた

感動
@idg1e
スポンサーリンク

生まれつき左目と鼻孔がない状態で、保護施設に運び込まれた子猫。でも、優しく人懐こい性格と、かわいらしい表情で、人々に愛されています。初め猫を新たに引き取ることをためらっていたケリーさんの夫も子猫に会ってみたら、その魅力に抵抗することはできませんでした。今子猫は、やさしいパパをはじめとする人間の家族と、先住猫に囲まれて、幸せに暮らしています。

生後8か月の左目のない子猫

子猫が困難な境遇に負けず、人間の家族を勝ち得るまでの、心温まるお話です。

生後8か月の子猫が『ちっちゃな猫の評議会』(略称IBKC)に持ち込まれました。IBKCは、米国ウェストバージニア州チャールストンにある、猫の保護団体です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✰ (@idg1e)がシェアした投稿

このかわいらしいトラ猫は、左目と鼻孔のない状態で生まれており、しっぽは短かく、脳は非対称でした。

「かわいらしい顔を見て、いっぺんで好きになりました。左目の発達は絶望的で、頭の左半分には、鼻孔が形成されていません。だからこの子は、右目だけで見たり、右の鼻だけで呼吸したりしています。」

というのは、IBKC委員のキャシー・ルーカスさんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✰ (@idg1e)がシェアした投稿

集中的な診察と治療ののちに、獣医たちは、子猫には、これ以上の特別な処置は必要ないと判断しました。

「1人の獣医は、この状態を『これが子猫の個性なんですよ』と表現しています。この子は、やさしくて正直で、個性豊かな、かわいこちゃんなんです」

とキャシーさん。

乗り気でない夫を連れて猫の保護施設へ

この子猫は、ザーラと名付けられました。ザーラは、最初からとても人懐こく、一時預かりの家庭に行ったときも、すぐに自分のベッドにもぐりこんで、くつろいでいました。かわいがってあげると、とても喜んで甘える、愛らしい猫なのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✰ (@idg1e)がシェアした投稿

やさしくかわいい性質で、保護施設の誰からも愛されています。スタッフの皆さんは是非この子猫にぴったり合った、面倒見のよい家庭をみつけてあげたいと思いました。

ケリー・ドラビッシュさんが、家族に新しいメンバーを迎えたいと思っていた、ちょうどそのとき、ザーラに関するメッセージを受け取りました。そして、たちまち魅了されたのです。

「夫は、乗り気ではありませんでした。だって、うちには5匹も猫がいたので。でもとにかく、会ってみることにしたんです」

と彼女はいいます。

ザーラは、ケリーさんたちを見つけると、一直線に走ってきて膝にのり、まるでこの人たちが自分の家族だと確信している様子でした。ケリーさんの夫でさえ、子猫の魅力には、まったく抵抗できなかったのです。

「私たちは一目で、この子猫を好きになってしまいました」

とケリーさん。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✰ (@idg1e)がシェアした投稿

彼女たちが引き取りのための書類に記入していたとき、ザーラ(のちに、イジーと改名されました)も、お手伝いしようとしていたんだそうです。

「この子は、書類がちゃんとできているか、点検したがりました。『i』の『・(ドット)』とか、『t』の『ー(横棒)』とかが、ちゃんとあるかをね。そしてその次には、家族の一人ひとりに甘えて、どんなおもちゃがあるのかも、全部しっかりチェックしていましたよ。」

 

この投稿をInstagramで見る

 

✰ (@idg1e)がシェアした投稿

とのことです。

パパと大の仲良し

新しい家庭に着いた瞬間から、イジーは大胆かつ自信たっぷりの態度で、あちこちを探検しました。そして、同居の猫たちとも面会したのです。

「イジ―はまるで『わたしは、ここに住むことになったのよ。だからあなたは友達ね』と宣言しているような感じで、先住猫たちに自己紹介をしていました。」

とケリーさんは当時の様子を紹介しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✰ (@idg1e)がシェアした投稿

ケリーさんの夫は、自分について回るかわいい子猫と、すっかり仲良くなってしまいました。イジーは彼の腕に抱かれたり、パソコンをしている彼の膝に乗ったりしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✰ (@idg1e)がシェアした投稿

「個性豊かで、とってもかわいくて、落ち着いた猫ですが、いたずら好きでもあります。」

イジーは、ややおしゃべりな猫です。とくに、食事の時は。抱かれるのもとても上手です。そして、一番仲がいいのは、人間のパパなのです。パパがかえってきたら、必ず抱っこを要求します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✰ (@idg1e)がシェアした投稿

「夫は、猫を増やすのに消極的でしたが、いまやイジーの一番お気に入りの家族なんですよ。夫のほうも、この子が大好きです。」

とケリーさんはいいます。イジーは、家族の中では一番小さい猫ですが、その小さな肉球は、しっかり人間たちの心をつかんでいるようですね。今やイジーは夢のような家族に囲まれて、VIP待遇を受けて、幸せに暮らしています。

出典:https://www.lovemeow.com/man-kitten-finds-his-heart-2647046710.html

Comment

  1. 名無しのもふもふ

    しあわせに、なるんだよ。必ず、いい飼い主さんに飼われて
    うんと、幸せになるんだよ‼️

  2. わんこのこころ

    みんな幸せになる権利がある!
    辛い思いをする子たちがいなくなりますように・・・ そして、辛い思いをさせる人達がいなくなりますように・・・ みんな幸せになってね!