【危機一髪】熱中症で「命を落とす寸前」の『犬』を救った男性の行動が凄いと話題!!

驚き
スポンサーリンク

あなたは生き物の命にかかわる場面に遭遇したことはありますか?実際にそういった場面に出合うと、適切な行動をとるのは難しいものです。今回紹介するのは、見事な判断で犬の命を救った男性のお話です。

炎天下の車に放置されている犬を救出

掃除機を買いに行く途中だったビル・モリスさんは、車の周りに人だかりができていることに気付きます。見てみると、なんと炎天下の車の中に犬が放置されていたのです。

彼はすぐに警察に電話をかけましたが、車の中の犬はみるみるうちに衰弱しています。「犬に残された時間は僅か」と判断したモリスさんは、ある行動にでます。

斧で車の窓ガラスを割る男性

出典:https://www.facebook.com/samanthaheaver69/videos/pcb.10223667912833958/10223667892273444/?type=3&theater

なんとモリスさんは自分の車にある斧をとってきて、車に打ちつけ始めたのです!そして9回目の打撃の後、ようやく窓が割れて犬を救出することに成功しました。

間もなく警察が駆けつけ、すぐに動物病院に連れて行ってくれました。警察はモリスさんに事情聴取はしたものの、車を壊したことについては何も咎めなかったそうです。

このときのことをモリスさんは

「もし明日同じことがあったとしても、全く同じ行動をとったでしょう。何も後悔はしていません」

とコメントしています。

この投稿を見た人たちの声

・「かわいそうな犬を救った男性にメダルをあげたいわ!」

・「ひどいドライバー!犬に幸あれ」

Comment

  1. 名無しのもふもふ

    素晴らしい‼️日本人には中々出来ない思い切りの良さです☺️
     命が何より大切なのは 世界中どこでも同じですね