愛猫が怪我をしないために【橋を作った】飼い主さん、橋のクオリティがものすごいと話題!!

なるほど
スポンサーリンク

猫は身軽なもので、高い場所をピョンピョンと飛び回っているのをよく見かけます。しかし、万が一落下したら……と思うと見てるほうは不安ですよね。ましてやそれが大事な愛猫だったらなおのこと。今回は危険な場所を飛び移る愛猫のために橋を作った飼い主さんのお話をご紹介します。

寝室からガレージの屋根に飛び移る癖があるレジー

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/man-builds-diy-cat-bridge

ある日、クリス・バートンさんは奇妙な音に驚いてベッドから飛び起きました。バートンの飼い猫「レジー」はもともと自宅の寝室からガレージの屋根に飛び移る癖があったのですが、その日はただ飛び移ったわけではない妙な音がきこえたのです。

その音はレジーが滑って窓をひっかいている音でした。バートンさんは急いでレジーを動物病院に連れて行った結果、幸運なことにレジーは落下による怪我はないことが分かりました。

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/man-builds-diy-cat-bridge

しかし、その後もレジーは屋根と寝室を行き来することをやめませんでした。レジーはすでに屋根から寝室に飛び移ることに味をしめているようで、全くやめるつもりはなかったのです。バートンさんによると、レジーは高いところでよい景色を眺めることが好きな様子。

レジーが9歳という高齢になったとき、バートンさんは「今落ちたら、前みたいに運よく無事ではいられないんじゃないか」と思いました。そこで、ある行動に出ます。

レジーのために橋を作ることに!

バートンさんはレジーのために、部屋の窓からガレージの屋根まで橋を作ることにしたのです!参考にしたのは、世界で最も長く、最も高いとされる「ゴールデン・ゲートブリッジ」。

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/man-builds-diy-cat-bridge

その構造を真似することは決して簡単な仕事ではありませんでしたが、バートンさんは諦めませんでした。木の板をレジーのサイズにカットするところから始め、ケーブルまでしっかり模倣したのです。

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/man-builds-diy-cat-bridge

そしてようやく橋が完成したはいいものの、レジーは最初の数日は橋を使いませんでした。ペンキのにおいを嫌がっていたのかもしれませんが、なかなか橋を使ってくれないレジーにバートンさんはフラストレーションが溜まっていきます。

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/man-builds-diy-cat-bridge

しかし、ここでもバートンさんは諦めませんでした。彼は「橋の上におやつを置く」というアイデアを思い付きます。これが大成功!レジーはすぐに橋を使い始めてくれました。

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/man-builds-diy-cat-bridge

ひとまず、レジーのための計画はひと段落つきました。しかし、バートンさんはまだまだペットの生活をよくするための計画があるそうです。

バートンさんによると、

今はモルモットのための家を作る計画があります。きっと楽しいと思いますよ。

とのことです。

バートンさんが橋を作っている様子の動画はこちら。

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/man-builds-diy-cat-bridge

この動画を見た人のコメント

・「この動画はとても素晴らしく、愛らしいね」

・「なんてかわいい小さな猫に、なんてクールな小さな橋なの!」

・「このくらい猫好きな人が他にもいたらなあ」

Comment