「彼を助けに行ってくれ」仕事中の恋人から届いたメール。放棄されたピットブルを緊急保護!迎えた家族も幸せに

感動
スポンサーリンク

恋人から届いた一通のメールをきっかけに捨てられたピットブルを緊急保護!ただ愛されることを求めていたピットブルは、永遠のお家と素晴らしい家族を手に入れました。

仕事中の恋人から届いた一通のメール

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/fedex-driver-adopts-stray-dog

ある朝、一通のメール着信音で目を覚ましたジェイミー・ハーレーさん。寝ぼけ眼で開いたそのメールには、悲しげな表情を浮かべる一匹のピットブルの写真と”彼を保護してきてほしい”という恋人からのメッセージが。

「それが夢ではないことがハッキリした時、私はそれが深刻なものであることに気づきました。恋人は本当に私が彼を取得しに行くことを望んでいました」

当時についてハーレーさんはそう語ります。

突然のことにまだ朦朧とする意識の中、ハーレーさんは今こそ正念場だと気づきました。というのも、前々から2匹目の犬をお迎えしたいと恋人に相談していたものの、彼はあまり乗り気ではなかったといいます。だからこそ、今恋人が1匹の犬を救うことを望んでいるならば、それはビッグニュースだったのです。

恋人がピットブルを発見したガソリンスタンドへ

ハーレーさんの恋人であるアーロン・ピータースさんは、FedExの配達中に優しい瞳を持ち、悲しげな表情を浮かべるピットブルを発見しました。

「彼は家族を必要としているように見えた」

ひと目で魅了されたピータースさんでしたが、仕事を放棄するわけにもいかず恋人であるハーレーさんに助けを求めたのだといいます。

ハーレーさんはすぐさま恋人から知らされたガソリンスタンドに車を走らせました。幸いにもピットブルは移動しておらず、急いで水を与えました。すると、ある女性がハーレーさんに近づき、ピットブルは飼い主に放棄されたのだと知らせてくれたのです。

「女の子が車を停めて降りてきてくれて、彼が車から飛び降りるのを見たと教えてくれました。そして、彼はピットブルだったので誰も彼を引き取ることはありませんでした。それは私の心を打ちのめしました。彼が欲しかったのは、誰かに愛してもらうことだったのです」

ハーレーさんはそう語ります。彼を必ず救うと決心したハーレーさんは、そのまま車に乗せて動物病院へと向かいました。車に乗るとすぐにいびきをかきながら眠り始めた彼は、その先に幸せが待つことを確信していたのかもしれません。

『ルーファス』と名付けられたピットブル

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/fedex-driver-adopts-stray-dog

動物病院で確認できたことは、彼がマイクロチップを所持していないことと疥癬による皮膚病を持っていることでした。ハーレーさんは、先住の犬や猫たち、子供、ボーイフレンドとの相性について少しの心配を抱えながら『ルーファス』と名付けたピットブルを自宅へ連れ帰りました。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/fedex-driver-adopts-stray-dog

しかし、それらの心配が杞憂だったことはすぐに判明することとなります。出会った瞬間から、すでにルーファスは家族の一員でした。

「ルーファスを迎えたことで私たちの家に更に暖かさが加わりました。彼はより多くの笑顔を加えてくれたのです。ルーファスは私たちが必要としていた家族の最後のピースでした」

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/fedex-driver-adopts-stray-dog

一度は家族に裏切られてしまったルーファスですが、もう二度と一人ぼっちになることはありません。彼らしくいられる場所でたくさんの愛に囲まれながら幸せに暮らしています。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/fedex-driver-adopts-stray-dog

Comment