「野良の子猫」は油まみれで薄汚く衰弱しきっていた…手厚い介護で回復!真っ白な美猫に【感動】

感動
スポンサーリンク

ごく小さい子猫が、油と汚れにまみれた灰色の姿で見つかりました。弱って瀕死の状態だったのですが、人々の努力で元気を回復しました。汚れを洗い流してみると、真っ白な毛に青い目をもつ美しい子猫だったのには、みんなが驚きました。このいたずら盛りで活動的な子猫の将来は、明るくひらけています。

油と汚れにまみれ、弱った子猫を発見

油と泥にまみれた子猫が瀕死の状態で見つかり、親切な人々が保護しました。

1ヵ月ほど前、カリフォルニアのサウスゲートに住む親切な人が、とても小さな子猫がぽつんと1匹だけでいるところを見つけました。この子猫はエンジンオイルと泥にまみれていて、あちこちノミだらけでした。おまけに極端にやせ細っていたのです。

この人は子猫を保護してソーシャルメディア上で手助けを呼びかけました。ペットショップ「ワン・フォー・ワン・グルーミング&モア」で働く美容師が餌と水を与え、脱水状態を改善しようと試みました。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-stray-reveals-beautiful-coat-2647701302.html

でも子猫はすぐに獣医の治療が必要な状態だったので、引き取りにきてくれるよう地元の保護団体に依頼することにしました。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-stray-reveals-beautiful-coat-2647701302.html

南カリフォルニアにある動物保護団体「命の友レスキュー・ネットワーク」が援助を申し出てくれました。

「この子猫は生後4週間ほどだと思ったのですが、実際は7週間でした。体重は1ポンド(約375グラム)しかなかったんです」

というのは、同ネットワークの創立者の一人、ジャクリーン・デアモーさんです。

真っ白な毛並みにびっくり

美容師は子猫を入浴させてやりました。油や汚れをきれいに取り除いて、猫の本来の毛並みが現れると、みんなはびっくりしました。

子猫は真っ白な毛の持ち主だったのです。翌日、一時預かりの家庭に連れていかれましたが、そこで猫には数々の健康問題があることがわかりました。

子猫は『ラスロー』と名付けられましたが、依然としてひどく弱っていて脱水しており、餌はのどを通らない状態でした。瀕死の状態で、すぐに救急医に診せる必要があったのです。

その後ラスローは何度も入退院を繰り返し、点滴注射を受けたりしながら、なんとか命をつないできました。弱ってはいても、世話をしてくれる人にミャアと鳴いて、まるで「生きていたいよ」と訴えているかのようです。

24時間体制で看護

ジャクリーンさんは、子猫を自宅に連れ帰り、24時間体制で手厚い看護ができるようにしました。子猫には体力も食欲もないので、彼女は注射器でサプリメントを与えて栄養補給をしました。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-stray-reveals-beautiful-coat-2647701302.html

子猫が暖かくしていられるよう、部屋の温度を上げて寝床の周囲を柔らかい毛布でくるんだりもしたのです。

その24時間のうちに、ラスローは体力を回復しはじめ、自分で食べられるようになりました。まるで「助けてくれてありがとう」とでもいうように、世話をしてくれる人間たちに呼びかけ、なでてもらいたがるようにもなりました。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-stray-reveals-beautiful-coat-2647701302.html

何度も動物病院を訪れて4人もの獣医から診察を受けた結果、子猫は元気を回復して動けるようになり、新しい生活を始めるめどがついてきました。

「脱水状態で水の入った容器のそばに横になっていた状態からは、夢のような回復です。とても遊び好きな猫なんですよ。数日後には体重が増え、1週間たつと完全に山を越えて元気になったので、一時預かりのお宅に戻ることができました」

とジャクリーンさんはいいます。

子猫の回復のようすをビデオでご覧ください。

活動的でやんちゃな猫に

「何が問題だったのかわかりません。だって、いろいろな検査はすべて陰性だったのですから。とにかく今は、元気にしています。すごく活動的な雄猫なんですよ」

この青い目と白い毛をもつ子猫は、実は耳が聞こえないことがわかりました。でもほかの猫と同じように何でもできます。聴覚障害があっても元気な子猫を止めることはできないんです。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-stray-reveals-beautiful-coat-2647701302.html

ラスローは食欲旺盛で、この年齢にふさわしい体重に急速に近づいています。エネルギーに満ちあふれていて、動くものは何でも大騒ぎをしながらつかまえようとします。

「病気の時は子猫の性格がわからなかったのですが、いまや元気になって、すごくおちゃらけ者であることがわかりました。ちょっと野生的な面もありますね」

というのは、一時預かりをしているケイトリン・ヘムフィルさんです。

「疲れを知らないみたいに、何時間でも部屋中を全速力で走り回ります。落ち着いた状態のときにつかまえると、ラスローはとっても可愛くてゴロゴロ大きな音をたてて喜びます」

と彼女はいいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Crazy man in action 😈😈😈 #saoLaszlo

Long Beach Foster Kittens 🌞🌊(@sleepover_at_os)がシェアした投稿 –

回復して元気でやんちゃになったラスローは、何か跳びかかるものはないかと、いつも探しているのです。

通りかかる人間の足を狙って、ふざけて跳びつくのがお気に入りです。そして競技場にいるかのように部屋中を走り回るのも大好きです。

「明るく愉快な性格の猫です。回復して、元気で幸せになってよかったわ」

とケイトリンはいいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

No one ever told Laszlo that he doesn’t need to completely bury his nose in his food to eat 🤷‍♀️ #saoLaszlo

Long Beach Foster Kittens 🌞🌊(@sleepover_at_os)がシェアした投稿 –

この話題をお友達にも教えてあげてくださいね。ラスローのインスタグラムをチェックしてみてください。

 ▶ラスローのInstagram

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-stray-reveals-beautiful-coat-2647701302.html

Comment