『犬を近づけるな』貼り紙の前で待ち続ける犬をカップルがレスキュー!表情の変化に感動

悲しい
スポンサーリンク

『犬を近づけるな』ビルの入り口に貼られた注意書き。その前でただただ待ち続けていた犬を偶然通りかかったカップルがレスキュー。幸せを掴み、穏やかな表情を見せる姿に思わず涙。

ひとり彷徨う犬を発見

出典:https://youtu.be/NgEe21wyQB0

アルゼンチンで暮らすルジャン・ヴィデラさんは、ボーイフレンドと共に自宅近くを歩いている時に街角で佇む1匹の犬を発見しました。とても孤独で恐怖感に満ち、混乱している犬を放っておくわけにはいかず、ボーイフレンドと共に飼い主が戻るのを待つことにしたのです。

出典:https://youtu.be/NgEe21wyQB0

しかし、そこに彼の家族が現れることはありませんでした。ひとりぼっちの犬はしばらく経つとヴィデラさんとボーイフレンドを誘導するかのようにマンションの前まで歩きました

私たちは彼の後を追い、建物に入ろうとしていることに気づきました

と、ヴィデラさん。

出典:https://youtu.be/NgEe21wyQB0

そしてそこである貼り紙に気づいたのです。

『犬を近づけるな』

2人はすぐにビルの住民に話を聞きました。どうやら彷徨っていた犬はつい先日までこのビルで年配の男性と共に暮らしていたのだといいます。しかし、男性が他界したのか急な引っ越しを余儀なくされたのか…突然、家を失ってしまったのだそう。

出典:https://youtu.be/NgEe21wyQB0

ただビルの前で待ち続ける犬を不憫に思った人が食べ物などを与えていたものの、管理者が注意書きを貼り出したことで彼はビルの中に入れなくなっていたようです。

それは人々がいかに彼に対して無関心であることができるかを表していました。ブルーノはとても悲しんでいた。必死で中に入ろうとしていました

ヴィデラさんとボーイフレンドは『ブルーノ』と名付けられた孤独な迷い犬を保護することに決めました。

新しい人生と変わり始めた表情

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/dog-leads-rescuers-to-apartment-door-sign

ヴィデラさんは前の飼い主やその家族がブルーノを探した場合を考慮し、SNSなどで彼のストーリーを広めましたが、家族を名乗る人は現れませんでした。ブルーノは家族を失ったことに深く傷ついていたといいます。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/dog-leads-rescuers-to-apartment-door-sign

保護から数日はドアの前での絶望と警戒の日々が続き、改めて家族を失った現実に塞ぎ込むブルーノ。しかし、物事はすぐに幸せへ向かい始めました。

ヴィデラさんとボーイフレンドの愛とケアに囲まれたブルーノは、傷ついた心を癒やし開きはじめたのです。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/dog-leads-rescuers-to-apartment-door-sign

日が経つにつれ彼の表情は変わっていき、幸せになり始めました

すでに何匹かの保護犬と暮らしていたヴィデラさんは、ブルーノを通りの向かいに住んでいる素晴らしい家族の元へと送り出しました。今でも一緒に散歩に出かけるといいます。

彼らが私たちと同じように感情を持つ生き物だということを理解していない人もいます。ブルーノは全く新しい犬のようです

ブルーノが見舞われた冷酷で孤独な事実に未だ思い悩むこともあるというヴィデラさんはそう語っています。街角で偶然出会ったカップルによって過去な環境から救い出された孤独な犬は、もう二度とひとりぼっちで投げ出されることはありません。

暖かく愛に溢れた永遠のお家で素晴らしい日々を送っています。

 

Comment