世の中捨てたもんじゃない!地下鉄で出会った『子猫を抱えた男性』のストーリーに称賛相次ぐ

感動
スポンサーリンク

暗いニュースが続く日々の中で『世の中まだまだ捨てたもんじゃない』『こんなに素晴らしい人が存在する』そう思わせる出来事に出会った瞬間を捉えた1枚の写真が世界中の人々の心を震わせました。

地下鉄で出会った男性

自宅へと戻るためにニューヨークの地下鉄に乗車していたジリアン・ロジャーズさんは、同じ車両に乗り合わせていた1人の男性に目を奪われ、心が震えるほどの感動を覚えたといいます。

一見、1人で乗車しているように見える男性の膝の上には、タオルに包まれた小さな子猫の姿があったのです。

哺乳瓶で子猫にミルクを飲ませている男性をしばらく見つめていたロジャースさんは、このまま何の情報も得ずに下車するわけにはいかないと、男性に声を掛けてみることにしたのです。

彼はビルの間でひとりぼっちの子猫を見つけたと言いました。子猫を放っておくのではなく、男性は迷わず救出し、彼女を居心地の良い場所に置いて餌を与えることにしたのです。子猫は彼が餌を与えている間、彼を見上げていたそうです。それはとても心温まるものでした。私は彼に「ありがとう」と言いました

間もなくロジャースさんの停車駅に到着し、男性の名前を聞く間もなくその場を立ち去らなければなりませんでした。しかし、名も知らない出会ったばかりの男性の愛に満ちた瞳とその精神を目の当たりにした彼女の心は信じられないほどに晴れやかでした。

ストーリーに大きな反響

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/man-spotted-feeding-kitten-on-subway

動物を助けることに人生を捧げ『Pet Rescue Squad Inc.』の創設者としても活動するロジャースさんにとって、この光景は特に心に響くものがありました。

そしてこの出会いとストーリーをSNSに投稿したことで改めて『見ず知らずの人の思いやりの心が、いかに世界に影響を与えるか』を学んだといいます。

この写真がこれほどまでに反響を呼ぶとは思ってもいませんでした。それは私を幸せにしてくれました。私たちは皆、何か元気を与えてくれるものが必要なのだと思います

そう語るロジャースさん。地下鉄で出会った心優しい男性と幸運な子猫は、きっと幸せの溢れる素晴らしい暮らしを送っていることでしょう。

この投稿に寄せられたコメント

・なんて甘いストーリー。彼に祝福を!

・心が温まった。共有してくれてありがとう。

・彼のような人がこの世界には存在する。誇らしい!

・彼のような人間がこの世界には必要。このようなストーリーも。

Comment

  1. 名無しのもふもふ

    自然の動物を大切にしたい。
    産まれてきてくれる命を、命がけで守っていけるそんな人になりたい。その為に元気でいたい。命をありがとう

  2. アトピー?

    なんて心温まる物語りなんだろう!
    ただただ心温まる!
    彼と子猫に永遠の安らぎを^_^