田園を彷徨っていた『子猫たち』常に寄り添い励まし合い永遠のお家を待つ

かわいい

敷地内で彷徨っている兄弟子猫が発見されました。一緒に過ごせる幸福のお家を探すため冒険に出掛けます。

そっくりな迷子の子猫

カナダのオンタリオ州の田園が広がる敷地で彷徨っている2匹の小さな子猫が発見されました。母猫の姿はなく子猫たちは安全のために保護が必要でした。親切な人は母猫を探しながらレスキュー・グループ『Tinybut ighty Kitten Rescue』の創設者である『メリッサ』さんに助けを求めました。

メリッサさんは子猫たちを家に迎え入れました。生後4~5週間とみられる子猫たちをお風呂に入てノミの治療をすると彼らはフワフワした小さな子猫に変身を遂げ、食欲を満たしお腹をいっぱいにした後、ふかふかの毛布の中で落ち着きメリッサさんの膝の上でヒスを鳴らしながら眠りにつきました。

この赤ちゃんたちは私が今まで保護した中で最高の食いしん坊です。私はすでにたくさんの小さなヒスと抱っこを得ていて彼らはとても完璧です

とメリッサさんは言いました。

ずっと一緒です。

そっくりな子猫たちは部屋を探検したりおもちゃで遊ぶときも一緒に過ごしお互いを真似っこします。眠るときには腕を組んで寄り添って眠り、ミルクを飲むときでさえも離れることはありません。

もう一匹が哺乳瓶を飲んでいる間、サポートシステムのようなものです

彼らは最も甘い小さな鳴き声の持ち主であり、最もふわふわした抱っこひものバグです

と、メリッサさんは言います

メリッサさんが新しいキャットタワーを組み立てようと部屋に持ってくると、彼らは説明書の上を歩きお手伝いをはじめました。作業が半分しか終わっていないにも関わらず、冒険好きな子猫たちは待ちきれなくなったようでキャットタワーに飛びつき使用感をチェックしていました。

お互いに励まし合って新しいことは必ずチェックします。彼らは勇敢で冒険好きですが、人と過ごしたり抱っこが大好きな甘えん坊に成長しています。

オーウェン』『カーター』と名づけられた子猫たちは、固形のフードを食べはじめトイレもきちんとできるようになりました。

もう路上で過ごすことはありません、室内猫としてたくさんの成長と技術を磨く必要がありますが、愛らしいデュオは快適でリラックスした生活を送っています。

彼らは一緒に暮らせる永遠のお家へ引っ越しする日を待っています。

Comment