亡き兄犬の「肖像画」を見つけた『弟犬』その反応に【ネット民 涙腺崩壊】

感動
スポンサーリンク

今は亡き愛する愛犬の肖像画を部屋に飾ったら…。弟犬の思わぬ反応に思わず涙腺崩壊!それは彼らの友情、愛情は記憶の中で生き続け、永遠であることを証明してみせました。

兄犬の姿に興奮!弟犬の反応に涙

リビー・デイビーさんは、先月虹の橋のふもとへと旅立った愛犬『スミフ』の肖像画を家に飾りたいと考え、専門家に依頼したい旨をSNSで呼びかけていました。

そしてそれが完成、自宅へ飾ることとなった時、その肖像画はデイビーさんだけではなく、兄を慕っていた『フランク』にとっても特別なものであることを知ることとなったのです。

フランクはそれが彼の兄の絵だと分かっていると思います

まるで兄との再会を喜ぶかのように肖像画に駆け寄り、鼻を鳴らすフランク。デイビーさんを振り返る姿はまるで『スミフがここにいる!』とでも言っているかのように見えますね。

このフランクの様子は、彼らの愛すべきスミフの記憶すべてがデイビーさん、フランクの中で永遠に生き続けることを証明してみせました。

この投稿に寄せられたコメント

・なんて甘い…犬に感情がないなんて言わせないわ!

・素晴らしい犬だね。彼に祝福を!

・彼の未来が幸せで溢れていますように!

Comment