イギリスの首相官邸「ネズミ捕獲長猫」『ラリー』は現役公務員!在職10年人気者!

なるほど
スポンサーリンク

ダウニング街10番地にあるイギリス首相の官邸の飼い猫に与えられる正式な肩書が『イギリス首相官邸ネズミ捕獲長』である。

首相官邸ネズミ捕獲長

Chief Mouser to the Cabinet Office『イギリス首相官邸ネズミ捕獲長』は、ダウニング街10番地にあるイギリス首相の官邸の飼い猫に与えられる正式な肩書です。

昔からダウニング街には、多くのネズミが住みついていたため、その対策として猫を雇用するというのが習わしとなっています。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6PcFeOv7yB4

『英国首相官邸ネズミ捕獲長』の現役は”ラリー”です。

2011年2月14日からラリーがこの任務に就きました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6PcFeOv7yB4

ラリーはお外に出ます。

しかし、英国首相官邸には猫専用のドアがありません。

中に入りたい時は、誰かが出てくるのを待つかありません。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6PcFeOv7yB4

運が良ければ、警備の警察官がドアをノックして報せてくれます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6PcFeOv7yB4

ラリーは人懐っこい猫ですが、誰にでも触らせてくれるわけではありません。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6PcFeOv7yB4

ラリーは、シェルターからキャメロン元首相が引き出しました。

キャメロン首相が退任しても、ラリーは公務員なので首相官邸に残りました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6PcFeOv7yB4

イギリスの首相官邸前での報道には、ラリーが映し出されている時があります。それが人々の話題をさらっています。

 ▶イギリスの公務員猫『パーマストンさん』が外務省を引退!退職した今は田舎暮らしを堪能中

Comment