怖くて震え寄り添っていた「2匹の野良子猫」固い絆を守り通し2匹一緒に幸せに!

未分類

やせ細った2匹の子猫が庭で発見され、固い絆で結ばれた兄弟は一緒に居ることを主張し幸せを掴みます。

新しい冒険のはじまり

カナダのモントリオールのコミュニティの庭を散歩してた女性は怖くて震え寄り添っていた2匹の子猫を発見しました。辺りを見回しましたが母猫の姿はありませんでした。女性は子猫たちを放っておくわけにはいかないと思い助けを求めて手を伸ばしました。

動物愛好家である『アリソン』さんはすぐに子猫たちを引き取りたいと申し出ました。彼女はお腹を空かせた小さな子猫を家に連れて帰り哺乳瓶で栄養を与えました。その後必要なケアを受けることができるように地元のレスキュー・グループである『Chaton Orphelins Montréal』に連絡を取り永遠の愛に満ちた家庭を手に入れるチャンスを得ることができるようにしたのです。

シルベストル』と『エフィー』と名づけた子猫たちは生後約3週間ほどで皮膚と骨だけのやせ細った体をしていました。彼らは互いを求め離れようとはしませんアリソンさんは24時間体制で献身的なケアを行いました。

アリソンさんは子猫たちを私たちの元に連れて行る前に毎日体重を増やす努力を続けていました

彼らは室内生活にとてもよく適応していて、生後6週間ほどで引き取った時にはふっくらとした小さな子猫になっていました。兄と妹のデュオは素晴らしい絆を共有しています

と、シャトンズオルフェリンモントリオールの『セリーヌ』さんは当時を語ります。

決して離れることはありません

子猫たちはミルクを卒業しトイレを学んだりキャットタワーに登ったりすることまで覚えました。ほかの友達と遊んだりせず、常に兄弟で一緒過ごしお昼寝も愛らしく寄り添い合っていました。

彼らは甘くて愛情深い子猫です。彼らは一緒に人間の後を追いかけるのが好きで、部屋の中を走り回ったりキャットタワーに登ったりして一緒に遊んでいます

とセリーヌさんはいいます。

エフィーは人に愛情を求める可愛い子で彼女は抱っこされるたびに幸せスイッチが入りキュートな鳴き声を出すのです。シルベストルはいつもいたずらに目を光らせている外向的でおしゃべり好きな弟に成長しました。

彼らは離れることが不可能な為、一緒に暮らせる永遠の家が必要です。

数週間後のある日素晴らしい家族が会いに来ました。彼らは子猫たちをその日のうちに連れて帰ることを決めたのです。

庭で震え寄り添っていた彼らは、美しくてふわふわした抱っこひものような子猫に成長し夢を叶えたのです。

Comment