母猫は交通事故死…残された「4匹の子猫」は感染症を克服して命をつなぐ

感動

母猫を亡くした4匹の子猫を救助。感染症とノミに覆われていたところを救われ、愛情を感じることで個性豊かに成長します。

『ドリス』『ハウイー』『ウィルバー』『エルマー』

 

この投稿をInstagramで見る

 

Baby Kittens Foster(@babykittensfoster)がシェアした投稿


セービング・ワン・ライフ(フェニックスとサンディエゴに拠点を置くアニマルレスキューグループ)の里親ボランティアである『キャロライン・グレース』さんは危篤状態にある子猫について連絡を受けました。

発見され子猫は生後1週間ほどでかろうじて目が開いた状態で、数日後母猫は車に轢かれて亡くなってる状態で発見されたのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Baby Kittens Foster(@babykittensfoster)がシェアした投稿

子猫たちには感染症と闘うための薬と厄介なノミを取り除くためにお風呂に入り、免疫力を高めるためのサプリメントを与えてもらい、3日間24時間体制でのケアと治療を行いました。愛されていることを知った子猫たちは元気を取り戻したのでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Baby Kittens Foster(@babykittensfoster)がシェアした投稿

ドリスは最初に到着したときは状態がとても悪くで頭を上げるのがやっとでした。元気になると彼女は暖かい毛布の山から出てきて自分のボトルを要求したのです。兄弟たちもそれに続き幸せな夕食タイムに参加しました

キャロラインさんは保護した時をそう語ります。

小さな戦士たちは個性を発揮し成長します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Baby Kittens Foster(@babykittensfoster)がシェアした投稿

ドリスは兄妹の中で唯一の女の子です。彼女は大きな声で甘くてスパイシーなのは間違いありません。彼女は大食いで鳴き声も活発です。その後彼らは日々強く健康的になり続け小さな個性が出てきました

とキャロラインさんは言いました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Baby Kittens Foster(@babykittensfoster)がシェアした投稿

『ハウイー』は人の目を見つめるが大好きで1番大きくて勇敢な子です。
『ウィルバー』はただ抱っこされて顔を撫でてもらいたいだけのぽっちゃりした抱っこ魔です。
『エルマー』はお腹を撫でてもらうのが大好きなかわいい子です。

『ドリス』は膝の上で寝そべってお腹にキスをしてほしいだけのずんぐりした子猫です。

とキャロラインさんは子猫たちのことを話します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Baby Kittens Foster(@babykittensfoster)がシェアした投稿

最初の一歩を踏み出し探検したり遊んだりと活動的になり、ドリスは心を魅了する技術を備えフォスターママの膝によじ登って抱き上げてもらうまでじっと目を見つめる生意気な子猫になりました。

4~5週齢になったばかりのぽっちゃりとした健康的な子猫たちは子猫用フードへの離乳を開始します。彼らは寄り添うのが大好きでいつも鳴いています

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Baby Kittens Foster(@babykittensfoster)がシェアした投稿

新生児の子猫の里親になるのはとても素晴らしいことです。私は彼らが病気で目がほとんど開いていない無力な赤ちゃんから一晩でぽっちゃりとした好奇心旺盛な子猫になったような気がします

彼らは小さな奇跡の赤ちゃんであり絶対的な恋人です。彼らを迎え入れた家族はとても幸運になるでしょう

と、キャロラインさんは語ります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Baby Kittens Foster(@babykittensfoster)がシェアした投稿

キャロラインさんの愛情を受け子猫たちはすくすくと成長しています。猫の技術を磨き永遠のお家で暮らす準備を整えたら、幸福の扉を開けることが出来るでしょう。

Comment