内気な『ジェリー』とやんちゃな『ピーナッツバター』のふわふわ成長日記

かわいい

保護された内向的な子猫と好奇心旺盛な子猫。真逆の性格をした2匹の姉弟猫のふわふわな成長を遂げていきます。

人生のチャンスを求めてLet’s go!


ニューハンプシャー州の農場で発見された2匹の子猫はモナドノック動物愛護協会に保護され彼らはとても怯えていました。ボランティアをしているTails from the Foster Kittensの『コニー』さんは、両手を広げて彼らを家に連れて帰ることにしたのです。

彼女は子猫たちに『ピーナッツバター』と『ジェリー』と名前をつけました。落ち着いて安全に過ごすベッドを用意し子猫たちが外に出て冒険するのに十分な勇気を持ってくれることを願いました。

最初の数日は「洞窟」で過ごしました。最初は探索することを躊躇していましたがふわふわの子猫ピーナッツバターは非常に好奇心旺盛ですべての新しいおもちゃや香りに興味津々です。ジェリーはおとなしく戸惑い、彼を盾にするかのように彼の後ろに隠れるのです。

まだまだ続きます。

ピーナッツバターはすぐに彼の顎や背中を撫でたり、引っ掻いたりすることに喜んでいましたが、ジェリーはまだ新しい状況では躊躇しています

ジェリーは人を怖がっているので仲良くなろうと子猫が大好きなベビーフードを取り出した時、ピーナッツバター真っ先に飛び込んできました

コニーさんがジェリーとの信頼関係を築こうとするたびに好奇心旺盛な弟が走ってきて、手助けする報酬におやつを貰おうとします。

彼は快適な場所から足を踏み出すようになり、ある日みんなが寝静まった頃ピーナッツバターは冒険に出かけました。恥ずかしがり屋のジェリーは彼の後を静かに追いかけますが自信を自信を持って闊歩できるようになるには少し時間がかかるようです。

ピーナッツバターは子猫部屋を完全に制覇!おもちゃで遊んだりキャットツリーに登ったりして遊んでいます。日々自信をつける彼のエネルギーがジェリーにも伝わってきているようです。

フワフワの子猫はコニーさんと一緒にいるのが大好きになり愛らしい鳴き声のモーターを搭載した抱っこバグに成長しました。

ピーナッツバターは人の周りではジェリーよりも勇敢でのどを鳴らして遊ぶのが大好きです

ジェリーは無口で内気な性格ですが、時間が経てば彼女は私を信頼できるようになるだろう ピーナッツバターは私が彼らの様子を見に来たときに何度もジェリー確認するのが好きでそれは超甘いです

とコニーさんは話しています。

室内猫としてのVIPライフを満喫しているフワフワの子猫たち。バターピーナッツは我がもの顔で家の中を走り回りながら、ジェリーの自信につながるお手伝いを続け仲良く暮らしています。

 

 

Comment