炎が燃え盛る倉庫に飛び込み「5匹の子猫たち」を救出!伝説の『史上最高のママ猫』スカーレット

感動
スポンサーリンク

燃え盛る倉庫から我が身を犠牲にして子猫たちを救い出した英雄的な母猫

子猫たちの命を救うために


1996年3月30日の出来事でした。ニューヨーク州ブルックリンにあるの廃墟となっていた倉庫から、原因不明の出火があリました。緊急通報をうけた消防員たちは迅速に消火にあたっていたところ、消防士の『デヴィッド・ジャネッリ』さんは倉庫が燃え盛る中、子猫を救い出すため5回も炎の中に飛び込み1匹づつ運び出している母猫を目撃したのです。

子猫たちを運び終えた母猫はひどい火傷を負っていました。全身の被毛は剥がれ皮膚は焼けただれた状態で、目は腫れ上がり耳は塞がっていました。

子猫たちを安全な場所へ避難させると子猫たちの生存を確認するかのようにすべての子猫に触れキスをしました。確認が終わると母猫は意識を失いその場に倒れ込んだのです。

ジャネッリさんはその光景を目にし胸がいっぱいになったそうです。そして倒れた母猫と子どもたちを、ニューヨーク州のポートワシントンにある動物病院に連れていったのでした。

母猫と子猫たち


懸命に子猫を助けた母猫は『スカーレット』と名づけられました。

残念なことに1匹の子猫は感染症のため、1ヵ月後虹の橋を渡ってしまいました。スカーレットは奇跡的に一命をとりとめ、3ヵ月の治療を終え里親さんに引き取られるまでに回復できたのです。

自分の命も顧みずに子猫たちを救ったこの勇敢な猫の話はまたたく間に広がり、世界中から称賛され善意の人たちから、猫たちを引き取りたいという7000通もの手紙がこの動物病院に届いたそうです。

新たな旅立ち


動物保護団体『ノース・ショア・アニマルリーグ』は、スカーレットの勇敢で英雄的な行いを称し、彼女の名前にちなんだ「スカーレット賞」を創設し、彼女に授与したのです。

スカーレットはブルックリンに住む『カレン・ウェレン』という女性と暮らすことになりました。彼女自身、交通事故の被害者であり愛おしい飼い猫を亡くしたばかりでした。カレンさんは特別なケアを必要とする動物たちに人生を捧げていました。

約12年後の2008年10月11日、穏やかで幸せな日々を過ごしていたスカーレットは人生の幕を閉じたのです。推定年齢は13歳前後でした。

その後、スカーレットの勇敢な物語は絵本や小説となり現在の語り継がれています。

Comment