【感動】背骨が切断され歩けなくなった犬、車いすを使うことで生活を取り戻す

感動
スポンサーリンク

二度と歩けないと獣医から宣告されたルーマニアの野良犬。旅行者のナンシーさんは、その犬を引き取ってアメリカの自宅に連れて帰りました。そして、犬の第二の人生が始まったのです。

食べ物を求めてさまよっていた子犬

この生後3カ月の子犬はルーマニアの路上で体を引きずって歩いていました。彼女はバスに轢かれたようで、道の脇によけられたようでした。

彼女を見つけたアメリカ人のナンシー・ジェーンズさんは、犬を獣医に連れていくためにホテルの部屋にこっそり連れて帰りました。

出典:https://www.boredpanda.com/puppy-left-to-die-with-broken-back-gets-another-chance-at-life/

犬を獣医に見せたところ、悲しいことに「二度と歩くことはない」と告げられました。ナンシーさんは彼女を諦めたくなかったので、米国の獣医にセカンドオピニオンをもらおうと、連れて帰ることにしました。

アナ・マリアという地元の救助者の助けを借りて、ナンシーは子犬をカリフォルニアの彼女の家に連れて行くことができました。ナンシーさんは助けてくれた人ににちなんで、犬をアンナ・マリーと名付けました。

出典:https://www.boredpanda.com/puppy-left-to-die-with-broken-back-gets-another-chance-at-life/

アメリカの獣医は安楽死、または車いすの使用および生涯にわたるケアを勧めました。

ナンシーさんは車いすを注文することを選びました、そして、そこからアンナ・マリーの冒険が始まったのです。

車いすを使って歩き始める

 

出典:https://www.boredpanda.com/puppy-left-to-die-with-broken-back-gets-another-chance-at-life/

残念ながら、アンナ・マリーは背骨が切断しており、二度と自分の足で歩けない状態でした。

しかし、ナンシーさんが車いすを与えたことによって、今でも元気に歩くことができるのです。

出典:https://www.boredpanda.com/puppy-left-to-die-with-broken-back-gets-another-chance-at-life/

ナンシーさんはアンナ・マリーと出会ったことによって、ルーマニアの動物たちをもっと救いたいと思いました。

そこで2003年に、東ヨーロッパの野良犬・野良猫に無料または低コストの避妊去勢手術/避妊去勢手術を提供する組織、ルーマニアアニマルレスキューを設立しました。

出典:https://www.boredpanda.com/puppy-left-to-die-with-broken-back-gets-another-chance-at-life/

アンナ・マリーはまだバスに恐怖心があり、トラウマを持っています。

しかし、ナンシーさんが愛情を持ってお世話をしているので、すべてのトラウマを忘れることができそうです。

 

出典:https://www.boredpanda.com/puppy-left-to-die-with-broken-back-gets-another-chance-at-life/

この投稿を見た人たちのコメント

・「泣いた。なんて素敵な女性」

・「車いすを使ってるときの犬の喜びの表情が良い」

・「とてもかわいい!犬を助けてくれてありがとう」

Comment