3歩足の野良猫は世話主の死去で姿を消した…その数年後、再び元の家に戻り幸せになる!

感動
スポンサーリンク

野良猫バビーはボイドさんの家族になりました。でも彼の死後は行方不明になってしまい、再び近隣に現われたのは7年後。保護施設で出会ったサラさんに引き取られ、バビーは再度幸せな家庭を見つけることができました。

3歩足の猫バビー

写真の茶トラ猫は、バビーといいます。まず気づくのは、前足が1本しかないことです。実はしっぽの一部も欠けているんです。でも他と違うのはこれだけではありません。彼の猫人生そのものがユニークなんです。間違いなく、映画化できるほど変わっています。

出典:https://www.boredpanda.com/three-legged-cat-bubby-family-canada/

2012年。グランド・フォールズ・ウィンザー地区をさまよったあげくに、猫のバビーがボイド・アボットさんの家の台所に入り込んだことから、この話は始まります。

飼い主ボイドさんの死後、行方不明に

2012年、バビーはあてもなくグランド・フォールズ・ウィンザー地区をさまよっていました。ある運命の日、ボイド・アボットさんの家の台所に入り込んで、そこが気に入った様子です。以来毎日、ボイドさん家に姿を現すようになったのです。

出典:https://www.boredpanda.com/three-legged-cat-bubby-family-canada/

ボイドさんと家族は、この猫に一目ぼれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bubby(@somebubbytolove)がシェアした投稿

ボイドさんと家族は、この不思議な3歩足の猫に一目ぼれでした。バビーを世話するようになったのです。でもバビーは室内猫になるのをいやがっていたので、外で飼うことにしました。

出典:https://www.boredpanda.com/three-legged-cat-bubby-family-canada/

不幸なことに、数年後にボイドさんが亡くなりました。遺言により残った家族がバビーの面倒を見ることになりました。ところがこの猫は突然いなくなってしまい、見つけることができなかったのです。

出典:https://www.boredpanda.com/three-legged-cat-bubby-family-canada/

再び近所に出現。保護施設へ

やがて2019年になって、バビーが突然近所に現われるようになりました。レイ・ピンセントさんという男性が、この猫は近所に住んでいたボイドさんが可愛がっていたバビーだと気付きました。バビーは年を取って弱々しい姿でしたが、間違いありません。

出典:https://www.boredpanda.com/three-legged-cat-bubby-family-canada/

2019年の夏、バビーは突然現れました。ずいぶん弱っている様子です。

カナダの厳しい冬を目前にして、レイさんはぐずぐずできませんでした。猫は冬の寒さで死んでしまうでしょう。そこでレイさんはかつてボイドさんが住んでいた家に行き、バビーのことを住人に話しました。バビーが次に現れたら、家に入れてやってくれないかと頼んだのです。翌日、レイさんはその家の女性から電話をもらいました。猫が自宅の台所にいる、というのです。さっそくレイさんが猫を引き取り、エクスプロイット・バレー動物愛護協会に連れて行きました。

出典:https://www.boredpanda.com/three-legged-cat-bubby-family-canada/

ボイドさんがかつて住んでいた家に、猫が現れました。近所の人はさっそく猫をエクスプロイット・バレー動物愛護協会に連れて行きました。

「バビーは脱水症状があり、弱っていました。さっそく獣医に診せたところ、木枯らしの中では生き残れない状態だと言われました。診察中にこの猫はゴロゴロ喉を鳴らしていたそうです」

と同協会のサラ・マクロードさんは語ってくれました。

一時預かりから、永遠の家庭へ

サラさんがバビーを一時預かりすることになり、家に連れて行きました。心の中では「この猫をずっと飼いたい」と思っていたそうです。でもとくに飼い猫を探していたわけではないので、同居する恋人を説得しなければなりませんでした。

出典:https://www.boredpanda.com/three-legged-cat-bubby-family-canada/

協会のボランティアのサラさんは、バビーの体力がつくまで自宅で一時預かりをすることにしました。

「仕事から帰宅すると、バビーと彼が床に座っていました。バビーは彼のそばで丸くなっています。バビーがこんなにくつろいでいるのを見たことがありません。その瞬間、バビーは恋人の心をつかんだと確信しました」

とサラさんはいいます。

「悲しそうな目のバビーは、かつて愛される猫でした。そしてふたたび愛される猫になりました。朝起きるとゴロゴロいって、寝るときも満足気にゴロゴロ鳴いています。もう外には出たがりません。きっと永遠の家庭が見つかったと確信しているのでしょう」

とサラさん。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bubby(@somebubbytolove)がシェアした投稿

やがてサラさんはバビーを飼う決心をしました。

この記事を読んだ人の感想です

「かわいいバビー。たいへんな旅路だったけど、幸せな家庭が見つかったね。家族一緒に幸せにね」
「典型的な『どらねこ』顔のバビー。私は好きだわ。愛してくれる家族が見つかってよかったね」
「あたたかい家庭が見つかってよかった」
「この話には、とても感動しました」
「うちにはガーフィールドという名の子猫(足は4本ある)がいるけど、バビーと呼んでいるんだ。猫の意志の強さには、本当に驚くね。バビー、元気でね」
「すごく悲しそうな眼をしているね。でも家庭が見つかってよかった」

出典:https://www.boredpanda.com/three-legged-cat-bubby-family-canada/

Comment

  1. 中野 和子

    家にも猫がいますが何故かこの子の顔を観た途端眼から涙が出ました 知らない子なのに 幸に祈っています

  2. はる

    本当に猫さんという生き物は、
    人の心を読む、愛おしい子だ。

    また安心して暮らしてほしい。