【涙腺崩壊】狭い路地裏で『虹の橋を渡った猫』を守るために寄り添い鳴き続けた子猫

感動
スポンサーリンク

狭い路地裏で虹の橋を渡った「家族のような猫」に寄り添う子猫を救出。

子猫は諦めることなく寄り添い鳴き続けます

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WyO0tHePnA0

韓国のとある路地裏で鳴き続ける子猫が発見されました。親切な人が狭い路地裏に入り近づくと、子猫は逃げて隠れますが、すぐに元の場所に戻るのでした。子猫は約2〜3日前に虹の橋を渡ったであろう猫を守るかのように寄り添って鳴き続けていたのです。子猫は猫の死を悼んでいるのでしょう必要な場合を除いて移動することはなかったといいます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WyO0tHePnA0

子猫は亡くなった猫のそばを離れるといなくなってしまうのではないかと恐れていたのでしょうか。子猫は時折、亡くなった猫を動かそうとしたりキスをしたり、子猫の瞳は涙が溢れているようでした。

親子のような絆

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WyO0tHePnA0

2匹の野良猫を知っている隣人によると、子猫が他の野良猫にいじめられるたびに亡くなった猫が助けていて親子のような関係だったようです。亡くなった猫は子供を事故で亡くしていたので子猫を我が子のように思っていたのでしょう。子猫も亡くなった猫が英雄であり自分の家族でもあったのです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WyO0tHePnA0

子猫は日中に他の路地のトレイに溜まった雨水を飲み、喉の乾きを潤すとすぐに猫の元に戻るのでした。
亡くなった猫の体が腐敗しにおいが広がりはじめたので、そのままにはしておけない状況になりました。地元の獣医が亡くなった猫を引き取ることになり、獣医は死骸と過ごしていた子猫が感染している可能性を心配し保護することにしたのです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WyO0tHePnA0

救助隊は子猫を救助するために亡くなった猫の匂いの付いた毛布を敷いたケージを置きました。数時間後、子猫は路地に再び現れた子猫は亡くなった猫が居ないことを心配して必死に鳴き探しはじめました。毛布の匂いにつられゲージの中に入り子猫は無事保護されたのでした。

最後の別れ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WyO0tHePnA0

子猫は幸いなことに感染などはしていませんでした。獣医によると亡くなった猫は肝臓と肺に腫瘍があることがわかりました。肝臓は機能せず耐え難い痛みの中で子猫の世話をしていたようでした。
獣医は子猫のために最後のお別れができるようにしたのです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WyO0tHePnA0

彼はいつものように鳴かずに亡くなった猫を愛情込めて見つめていました。おそらく彼らが一緒に過ごした楽しい時間を思い出していたのでしょう。獣医が猫を運び去ると子猫は最後の別れだ理解したかのように再び鳴きはじめました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WyO0tHePnA0

子猫が亡くなった猫のそばを決して離れなかったのは、父親のような存在だった猫を自分がしてもらったように守っていたのではないでしょうか。


その後、子猫は永遠の家族に迎えられ旅立ちました。新しい仲間も出来て幸せに暮らしています。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ZEc3DAZX_Dk&feature=youtu.be

Comment

  1. 横川喜美子

    なんと 愛情深くて いじらしい子猫ちゃんなんでしょう涙が溢れます