庭で発見「野良猫親子」母猫は子猫を置いて逃走…その後「子猫」を迎えに庭へ戻る

感動

庭先で保護された子猫たちを探し、迎えにやって来た愛情深い母猫のお話。

母猫の愛情は計り知れません

レン・レスキューの共同設立者である『アリッサ・スミス』さんは、生後約10日ほどの子猫たちの救助を必要としていると連絡を受けました。カリフォルニア州ダウニーにあるシェルターのスタッフが必死に助けを求めてきたのです。

4匹の子猫たちは母猫と一緒に庭で発見されましたが、母猫は逃げ出してしまったようでした。

誰も行くことができませんでしたが、ありがたいことにネットワーキンググループが子猫たちを無事に救出し、CJという素晴らしい女性がカリフォルニア州ベンチュラ郡まで子猫たちを運んでくれました

と、アリッサさんは語っています。

子猫たちの新しいスタート


里親ボランティアの『アシュリー』さんは、レスキュー・グループの共同設立者である『ジェニファー・ハルト』さんと共に体温調節ができない子猫たちを保育器に入れ24時間体制でのケアを行いました。

子猫は明らかに母猫に世話をされていました。孤児になった子猫がシェルターに来ると彼らは母猫に再び会うことはありません。
子猫をシェルターに連れて行くのではなく母猫も救助するために、子猫を見つけた場所に置いておくのも重要なことなのです

とアリッサさんは言いました。


アシュリーさんとジェニファーさんは、子猫が離乳するまでの準備を十分に整えていましたが、驚くべきことが起こったのです。

子猫たちを送り届けた親切な人が帰宅すると庭先で子猫たちを必死で探している母猫の姿を見つけて驚いたそうです。彼らは母猫を捕まえ保護することに成功し、翌日に母猫は子猫たちと再会するために里親の家に連れてこられたのです。

親子たちの感動的な再会


母猫は怯えていて、アシュリーさんが子猫を近づけて姿を見せてあげるまで、キャリアから出ることを拒否していました。

母猫に子猫の姿を見せると彼女は落ち着いたので、私たちは子猫を使って彼女をキャリアから誘い出しました。彼女はすぐにキャリアの上に行き、子猫たちの真ん中で丸くなって鳴いていました。そして授乳をはじめたのです

と、アシュリーさんは当時の状況を話しています。


再会を果たした母猫は子猫たちにミルクを与えながら至福の中にいたことでしょう。

私たちは今までにこれほど心温まるものを見たことがないと思います。この奇跡が起こったことは信じられないような。再会がうまくいったと言うのは控えめな表現だわ

と、アリッサさんは語った。


翌朝、アシュリーさんが目覚めた時、母猫が彼女に寄り添い嵐のようにヒスを鳴らしていたそうです。彼女は『ママスパイダー』と呼ばれ、授乳を終えれば、不妊治療を受け新しいスタートをきることでしょう。

私たちにできることは何もありませんが、子猫たちの隣にママが横たわっているという至福の感覚に勝るものはありません。彼女は忍耐強い母親で、子猫たちと一緒に帰れることへの感謝の気持ちが伝わってきます。これらは最も幸せで幸運な赤ちゃんたちです

Comment

  1. 名無しのもふもふ

    とても感動しました。どこの世界でも母親の愛情は計り知れないのですね。有り難うございます。✨