『カンガルーのような2本足』で立つ子猫は障害を乗り越え『里親猫』として人生を駆け抜けます

感動
スポンサーリンク

先天性の病気の子猫は安楽死の手前で救助され、障害を抱えながらも里親猫として人生を輝かしいものにしました

子猫は只々、誰かに寄り添いたかった

出典:https://www.lovemeow.com/kanga-roo-kitten-hops-her-way-into-her-rescuers-arms-now-3-years-later-2483461182.html

カンガ』という生後約4週間の子猫は安楽死のために北カリフォルニアの動物病院に連れてこられました。子猫の運命を変えた『シェリル』さんとクリニックで出会ったとき、彼女はこの子猫を特別な子猫だと感じたそうです。

出典:https://www.lovemeow.com/kanga-roo-kitten-hops-her-way-into-her-rescuers-arms-now-3-years-later-2483461182.html

カンガは腕の橈骨の骨の形成に影響を与える先天的な欠陥である橈骨機関と呼ばれる疾患を持って生まれてきました。カンガのような子猫は、前足を使って体重を支えるのが難しいそうです。シェリルさんは、サンフランシスコの『セービンググレースレスキュー』に連絡を取り救助を求めたのでした。

愛情たっぷりの小さな子猫は、シェリルさんの指の上で鼻をこすり、手を握ろうと小さな前足を振るのでした。

ジョイスさん家族は永遠のお家

出典:https://www.lovemeow.com/kanga-roo-kitten-hops-her-way-into-her-rescuers-arms-now-3-years-later-2483461182.html

私たちは彼女のビデオを見て恋に落ちました。彼女は小柄な女の子だったので、避妊去勢手術のために必要な体重に成長するまで数週間待ちました。

と、ジョイスさんは言った。

2014年6月28日、カンガは新しい家に引っ越し先住猫と先住犬に迎えられ彼女は永遠の家で喜び飛び跳ねていました。彼女は『スキトルズ』という猫の妹となり、お姉ちゃんからの抱っこは必須だったようです。

出典:https://www.lovemeow.com/kanga-roo-kitten-hops-her-way-into-her-rescuers-arms-now-3-years-later-2483461182.html

カンガは美しい女の子に成長し、1歳になった頃この可愛い子猫は助けを必要としている子猫に優しいところがあることがわかりました。

ジョイスさんとカンガはフォスターママとなりました

出典:https://www.lovemeow.com/kangaroo-kitty-meets-rescue-ginger-who-lost-a-tail-and-takes-to-him-li-2161244675.html

ジョイスさんは2015年5月から里親となり、カンガは最初のレスキュー子猫『ヘクター』に一目惚れでその日から彼女はレスキュー子猫たちの里親ママとなったのです。

出典:https://www.lovemeow.com/kanga-roo-kitten-hops-her-way-into-her-rescuers-arms-now-3-years-later-2483461182.html

“保護者であるカンガ・ルーは、完全にママモードでした。赤ちゃんたちが食事をしていると、物音がしたので、何が起きているのか見ようと上を見上げたのです。

出典:https://www.lovemeow.com/kanga-roo-kitten-hops-her-way-into-her-rescuers-arms-now-3-years-later-2483461182.html

ベビー・アレアラニ』もカンガと同じ条件で生まれました。彼は彼女のすることをすべて真似してカンガからいろいろなことを学びました。

出典:https://www.facebook.com/KangaRooTheKitty/photos/3712924008791122

カンガは前足が曲がっているにもかかわらず前を向いて進みます。彼女は障害者だとは思っていません。ただ、違う能力を持っている猫のようです。

 

Comment