生まれてすぐ命を救う為の手術を受けた「子犬」ユニコーンの様な個性的姿が話題

かわいい

生まれてすぐに手術を受け九死に一生。ユニコーンのような子犬は小さな太陽の光のようで、愛らしいサイズと仕草はくすくす笑いを誘発させ世界中で話題となりました。

耳が後ろ向きに綴られているような子犬『レイ』


ミシガン州グランドラピッズの『ファミリーフレンズ獣医病院』に連れてこられた生まれたばかりのゴールデンレトリバー『レイ』。

レイは生まれてすぐに手術のために病院に運ばれました。彼女は生死を彷徨い危険な状態でした。何が起こったのか正確にはわかりませんが、おそらく出産時に母犬が胎盤または羊膜嚢を掃除していて、少し攻撃的すぎたのではないかと考えられます。レイの体に損傷を引き起こし、皮膚はすべて剥がれていました。

レイに会った瞬間、回復への道は必ずしも容易ではないことを知っていたにもかかわらず、私は彼女を育てて彼女のためにそこにいたいと思っていました。

と、病院スタッフの『ブリアナ・アーデマ』さんは語ります。


彼女は手術を無事終え、彼女の状況は明らかに類のないものですが、彼女は順調に回復に向かいました。特にゴールデンレトリバーは耳の感染症にかかりやすいそうなので、レイの耳には多くの注意が必要でした。成長過程の中で彼女を助けるために定期的な検査と抗生物質を与える必要がありました。

レイに魅了されないのは難しいです。


彼女の特徴は見た目がゴージャスで彼女がどれほど特別であるかを常に感じさせてくれます。


まるで赤ちゃんのモヒカン刈りのように見えます。


彼女の耳が頭の上でバタバタしていて、それが彼女をとても愛らしいユニークなものにしているのです!


獣医の『サマンサ・スミス』氏がTikTokでレイのビデオを共有したことで、レイの珍しい特徴が口コミで広がりました。
彼女の奇妙な愛らしい特徴はこれまでに見た中でおそらく最もユニークな子犬です。

Comment