不機嫌で身勝手な「老猫」彼専用のオリジナルアプローチ作戦で飼い主と再会!【感動】

驚き

保護されたとても不機嫌な猫、養子縁組のためスタッフは特別なアプローチをした結末は…

不機嫌なはじまりから、幸せな終わりを迎えた


フロリダにあるシェルターに迷子として連れてこられた『ウィラード』と名付けられた猫は不機嫌そうで、彼には独自のルールがあるようでした。

シェルター猫の養子縁組には、自然な甘さや愛情に満ちた性格などが家族の心に「この猫を養子に迎えよう」と決める理由となることが多いそうです。それらの資質に欠けているウィラードに関して、シェルタースタッフは特別なアプローチを取らざるを得ないと感じたそうです。

ウィラード紹介コメント

出典:https://www.facebook.com/SRCAnimalServices/photos/a.1269312866459256/3786840641373120/?type=3

サンタローザ郡動物サービス』のオンラインには下記のコメントを記載したそうです。

あなたは寄り添う愛情のある新しい友達を探していますか?それはおそらくこの猫ではありません。この子は「ウィラード」という名前です。ウィラードは歳をとっていてとても不機嫌です

彼は 撫でられるのが好きですが、そんな時はたまにしかありません。 「頭を撫でてもいいですか?」と許可を貰わないと確実に叱責されます。ウィラードは誰にも従いません

基本的にウィラードは物事を彼のやり方で行うことを望んでいるようなので、あなたに感謝を示すかもしれないし、しないかもしれない。そんなウィラードに所有されることをいとわないなら、私たちにあなたを紹介させてください。しかし、ウィラードが最終決定権を持っています。幸運を祈ります!

とシェルターは書きこみ、養子縁組を目的としたシェルターのウィラードの説明は、注意点を隠さず指摘し実際にはほとんど警告のように読めました。

ウェブサイトが繋いだ家族との再会


ウィラードの永遠のお家を見つけるためのシェルタースタッフの特別なアプローチは、型にはまらないように思えるかもしれませんが、結局それは想像以上に効果的でした。

投稿は話題となりオンライン上でたくさんの人々に届きました。そしてその中には、ウィラードがすでによく知っている人、彼の元の所有者がいたのでした!

女性は1年ほど前にウィラードを失い、再び彼に会うことはないと思っていたそうですが、彼はそこにいたのでした。

アシュリー』という名前の女性は、この不機嫌な猫が長い間行方不明になっていた猫であることを確認するために、写真を添付してシェルターに連絡をしました。

アシュリーさんがウィラードに会うためシェルターを訪れたとき、ウィラードの反応は、彼女が飼い主であることに疑いの余地は無いことがわかりました。彼はもともと不機嫌な性格ではなく、失恋をして悲しく寂しかっただけだったのです。一瞬で態度が変わったのです。

アシュリーさんは再会できた彼を見て驚きとても幸せそうでした。ウィラードは明るくなった。彼は今まで見たことのないほど遊び好きで興奮していました

と、シェルターの広報担当者は語っています。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/shelter-posts-honest-description-of-crabby-old-rescue-cat

シェルターのスタッフたちも「私たちは彼にとても興奮している」と再会を喜んでいました。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/shelter-posts-honest-description-of-crabby-old-rescue-cat

ウィラードの本名は『ジェイ』。彼は本当に甘くて愛情深い猫だったようです。アシュリーさんと一緒にお家に帰ると、彼は再び本来の自分に戻り幸せに暮らすことでしょう。

Comment