【感動】保護犬『サディ』の里親が脳卒中で命の危機に!懸命に励まし飼い主の命を救う!

感動

心に問題を抱えた保護犬。迎えてくれた飼い主さんの危機を救いました。

心に深い傷を負った犬

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/shelter-dog-saves-the-life-of-the-guy-who-rescued-her

サディ』という名前の6歳ほどとみられるのジャーマンシェパードがニュージャージー州の『ラマポ・バーゲン動物保護施設』に引き渡されたとき、彼女は混乱しているように見えました。
シェルターのスタッフは、サディが忠実で知的な犬であることを伝えることはできましたが、男性に対してとても神経質で緊張と保護的なようすだったことで、新しい家を見つけることは困難でした。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/shelter-dog-saves-the-life-of-the-guy-who-rescued-her

彼女は最初に来た時は少し自信なさげで、置かれている状況を理解していませんでした 。彼女は少し心を閉ざしていたので、私たちは経験豊富な家庭を必要としていました

と、ラマポ・バーゲン動物保護区のフロントオフィスマネージャー『ヘザー・セントレラ』さんは語っています。

運命の人と巡り会えた瞬間

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/shelter-dog-saves-the-life-of-the-guy-who-rescued-her

サディがシェルターに来て1ヵ月後、『ブライアン・マイヤーズ』さんはシェルターを訪れたときすぐにサディの存在に気づき、彼女が問題を抱えていることを知った後、彼はそれを変えようと誓い迎え入れることに。2人は親友となり、信じられないほど仲良くなったのです。

私は彼女が素晴らしい犬だと感じ、最初の30分で彼女を迎えることを決めました 。彼女は私の車に飛び乗り、私たちは強い絆を築きました。私は彼女が持っていた問題を理解し接することができましたし、彼女にふさわしい家と愛を与えることを約束しました

と、ブライアンさん。

数ヵ月後、サディは再び家族を失いかける出来事が

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/shelter-dog-saves-the-life-of-the-guy-who-rescued-her

ある夜、マイヤーズさんとサディは二人きりで家にいたとき、マイヤーズさんが突然床に倒れたのです!脳卒中を起こし痛みに苦しむ父親を見て、サディは父親のそばを離れることを拒否し、彼女は目を覚まさせようと彼の顔をなめて、父親に起きた状況を知らせるために鳴き叫びました。

マイヤーズさんは立つことができなかったので、サディの首輪につかまります。忠実な犬は何をすべきかを理解したのでしょう。 父親を携帯電話が置いてある部屋の向こう側に引っ張りはじめたのでした。

彼女は私が苦しみ困っていることを理解していたので、私は彼女の首輪を握って、助けを求めるために協力してくれました。彼女は力のすべてを使って引っ張り、彼女の助けを借りたことで、私は床を横切ることができました

と、マイヤーズさんは当時を語りました。

マイヤーズさんは無事退院し、リハビリセンターで回復に努めています。父親が留守の間、サディは父親の家族と一緒に過ごし、また父親に会える日を心待ちにしています。

私は彼女がとても恋しくて、彼女に会うのが待ちきれないし、今まで以上に彼女を愛しています。私は彼女に最高の人生を送ることを約束します。とても怖い夜の彼女の忠誠心と勇気を決して忘れません

マイヤーズさんは自分に起きた出来事を共有することで、他の人たちがシェルターの犬がどれほど素晴らしい存在であるかを理解する助けになることを願っています。マイヤーズさんはサディの心の痛みを解くことを決して諦めませんでしたし、彼が危険な状況下にあったとき、彼女もマイヤーズさんを助けることを諦めようとはしませんでした。

Comment