「超未熟児の子猫」と「片目を失った子猫」引き離せない「強い絆」の願いが叶い幸せに

感動

瀕死の状態から回復した子猫は、片目を失った子猫と永遠のデュオへと成長し、幸せを掴みます。

困難の先には待望の未来がありました


オーストラリア・シドニーを拠点とするレスキュー・グループ『CatRescue 901』に絶望的な状況の子猫が助けを必要とし連れてこられました。『フローラ』と名付けられた子猫は、手のひらに収まるほど小さく、あらゆる面で不利な状況に置かれていたのです。

里親ボランティアの『カテリーナ』さんは、子猫の集中ケアを開始することに。自分の体温を使って24時間体制で子猫を温めケアを施しました。

彼女が生まれたとき、彼女は約72gだったし、私たちが獣医に駆けつけることができる朝まで、生きている彼女を見るため一晩ケアをしました。

とカテリーナさんは語った。

しばらくの間は手探り状態でしたが、カテリーナさんは子猫を健康な状態に戻すために看病することを決意。何日も眠れない夜を過ごし、苦心しながら世話をしたのち子猫は回復したのです。

小さすぎるほどの子猫


約生後1週間ほどのフローラは通常の新生児の子猫よりも非常に小さく、子猫に必要とされていたTLC(優しく愛情のこもった世話)を与えるために、レスキューされた経験を持つ常駐猫の『サブリナ』のもとへ。彼女は子猫に寄り添ったり、食事の後にお風呂に入れてあげたりして世話をしました。

生後約2週間の時点で健康な生後2日の子猫の大きさしかなく、生後約3週間の時点では週齢の予想体重より1週間ほど遅れていましたが、ゆっくりとはいえ着実に体重が増えていました。サイズは小さく少し発達も遅れていましたが、約6週間でほぼ目標体重に追いつきました

と、カテリーナさんは語っています。

フローラはまだまだ成長しなければならないことがたくさんありますが、小さな奇跡の子猫は日に日に遊び好きで好奇心旺盛に。彼女のエネルギーで個性は輝きはじめます。

彼女が猫カリシウイルスから回復し、その強さを目の当たりにした時、私達は大きな安心感を覚えました

と、カテリーナさん。

出会いはお互いの未来を変えました


フローラは初日から抱きしめていた信頼を寄せるテディベアから完全に卒業し、カテリーナさんのもとで元気に暮らす愛の虫へと成長。

その頃、CatRescue 901は2匹の子猫『ルーベン』と『フィン』を引き取り、2匹とも重度の目の感染症を患っていて、ルーベンは片方の目を切除しなければなりませんでした。

フィンはすぐに愛情のこもった永遠のお家を見つけ、目の手術から回復していたルーベンは、仲間を必要としていました。カテリーナさんたちは彼をフローラとペアにすることを決定し、彼らがお互いを受け入れることを願います。

2匹の子猫はお互いの匂いに慣れるとすぐに意気投合。フローラは去勢手術を受けた後、ルーベンに寄り添い、愛のシャワーを浴びせるのを止めることはできません。

彼らは常に一緒にいて、お互いに毛繕いをしたり、嵐のように寄り添ったりしていて、彼らの友情は里親さんのもとで花開し続け、永遠の家を見つける準備ができたときに彼らが一緒にいなければならないことは明らかでした。

生涯共に過ごせる家族のもとへ


長い旅の後、フローラとルーベンは『ディラン』と『エルロイ』に改名され、一緒に永遠のお家へ。

彼らの新しいお母さん『チャーリー』さんは完全に魅了され、彼らの絆の甘さに驚いたそうです。

2匹の子猫は救助されてから長い道のりを歩んできました。2匹とも人生の荒れたスタートを切りましたが、愛情あふれる里親さんたちの助けを借りて乗り越えてることができたのです。

Comment