『2本のしっぽと6本の足』奇跡の子犬はリスクを跳ね返し成長を遂げます!

驚き

リスクを背負い生まれ、奇跡的に助かった子犬は闘う道を選びました。

2本のしっぽと6本の足で生まれた「奇跡の子犬」

出典:https://www.instagram.com/skippys.journey/

アメリカのある家庭に6本の足と2本のしっぽを持つ子犬が誕生しました。これは、このような資質を持つ子犬が生まれて生きたはじめての事例。誕生から1週間ほど過ぎ大た今、彼女は有望な未来の兆しを見せています。

ミリクル』と名付けられた特別な子犬は、オージーコリーのミックス犬。後ろ足と尻尾を2セットを持っていることに加えて、獣医はさらにいくつかの特徴を発見しましたが、そのどれもが命に関わるものではありませんでした。

出典:https://www.instagram.com/skippys.journey/

彼女は頭と胸腔は1つだが骨盤は2つ、下部尿路は2つ、生殖器系は2つ、尻尾は2つ、他のものの中では6本の足を持っています

担当獣医師は、Facebookでそう共有しています。

特殊な条件を持って生まれた動物の場合、その殆どが長い人生を歩むことが難しいのが現実です。しかし、ミリクルはあらゆるリスクに逆らうことができるかもしれません。

悲しいことに、彼女の母親はユニークな子犬を看護することを拒否しました。そんな状況にもかかわらず、ミラクルは懸命に闘い続け繁栄しているようです。

出典:https://www.instagram.com/skippys.journey/

彼女の飼い主さんは、彼女の冒険の旅をソーシャルメディアで共有。Facebookページでは彼女が体重を増やし、動き回る姿も投稿されています。

奇形の原因は確認されていませんが、おそらく子宮内で適切に分割されていない卵からだと考えられるそうです。彼女は歩く方法を学ぶためにもう少し時間が必要かもしれませんが、生命を脅かすようなことがない限り、彼女を外科的に処置する予定は今のところないといいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miracle(@skippys.journey)がシェアした投稿

現在、彼女の6本の足は全て刺激に反応して機能しています。彼女は動き回るために足を使うことを学び、その姿は健康で幸せそうです。将来的に治療や補助具、大規模な治療が必要になるかどうかは不明ですが、現在のところ予後は良好のようです。

ミラクルの定期的なレントゲンや検査など、可能な将来的治療法を含むケアのコストを考え、家族はクラウドファンディングを開始したそうです。

この投稿に寄せられたコメント

・「彼女は間違いなく貴重な小さな奇跡です。私は近い将来彼女の進歩を見るのが待ちきれません」

・「物事がうまくいき、あなたが大きく!強く!健康なオージー・コリーになることを願っています!」

Comment