【感動】煙突から落下して行方不明となった「猫」壁の中で5日間を過ごし無事レスキュー

感動

5日間行方不明になっていた猫は、住宅の煙突の中に落ちて壁にはさまり、身動ができなくなっていました。人々の協力の下、寝室の壁の一部を壊して穴をあけ、そこから飼い主が声をかけ無事救出することができました。

いたずら猫が屋根に登ったのが、悲劇の始まり

猫には9つの命があるといいます。今回は、寝室の壁のレンガを壊すことで、やっと猫のフラッフィを救出することができたのです。

出典:https://www.bbc.com/news/uk-england-merseyside-56252999

行方不明になっていた猫は、実は煙突から落ちて途中の壁にはさまり、出られなくなっていたのです。寝室の壁に穴を開けることで救出できました。

フラッフィはいたずら好きの猫です。日曜日に、ウィラル地域のニューフェリーにある家の屋根に登っていたとき、煙突の中に落ちてしまいました。

救急隊が煙突の上下から覗いてみましたが、姿が見えません。そこで室内の壁に穴を開けることにしたのです。最終的に、飼い主が声をかけて呼び寄せ、猫を穴から救出することができました。

屋根から煙突の中に落下

実はこの冒険好きの猫は、5日間も行方不明になっていたのです。グローブ広場にある住宅の屋根に上がっているところを目撃されたのが最後でした。

近所の人がはしごを使って猫を助け下そうとしたときに、フラッフィは煙突の中に落ちたのだろうと、英国動物虐待防止協会(RSPCA)の調査員は語っています。

出典:https://www.bbc.com/news/uk-england-merseyside-56252999

ほんとうに危機一髪でした。飼い主が呼び寄せて、いたずら猫を穴から救い出すことができました。

飼い主のトレーシー・ベイカーさんは

「だれかが屋根から助け出そうとしたとき、猫は怯えてしまい、住宅の壁の隙間にはさまってしまったのです」

といいます。

みんなの協力で救出が成功

「フラッフィが戻ってきてよかったです。数日は家の中で過ごさせますが、この経験に懲りて、これからは遠出しないよう望みたいですね。すごく空腹だっただろうと思います」

とトレーシーさん。

RSPCAの調査員ヘレン・スミスさんによると、近所の人がこの家の煙突の仕組みを教えてくれたので、フラッフィがはさまっている場所が特定できて、たいへん助かったということです。

「みんなが協力したので、救出が成功しました。飼い主もほっとしているし、フラッフィは飼い主と出会えてうれしそうです」

とヘレンさんはいいます。

「煙突から落ちたとき、頭を打ったり足を骨折したりしなかったのも、幸いでした」

出典:https://www.bbc.com/news/uk-england-merseyside-56252999

フラッフィと再会できてほっとしている飼い主のトレーシー・ベイカーさんでした。

出典:https://www.bbc.com/news/uk-england-merseyside-56252999

Comment