泥棒に間違えられ警察に「拘束」されたタキシード猫のボーンズさん 身柄拘束の後待ち受けるのは幸せな未来

感動
スポンサーリンク

「強盗が家に侵入しようとしているかもしれない」という通報を受けて警察が駆け付けました。そして警察が発見したのは、予想外のものでした。

真夜中に聞こえた不審な音

家主は、夜中にスライドドアをたたく音を耳にしました。想像してみてください!夜中になじみのない音が聞こえてきたら、誰だって怖くなります。

容疑者は猫!?

通報を受けて、警官が駆け付け確認しました。そして犯人を発見しました。

真夜中に現れた猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=QmKC1A511H4

警官は、犯人はタキシード猫の”ボーンズ”だということを突き止めました。

彼らはパトカーの後ろに乗せた猫の写真をフェイスブックに公開しました。

パトカーに乗る猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=QmKC1A511H4

家主さんは怖い経験をしましたが、実際は危険な侵入者ではなく、好奇心旺盛な猫だったことに対して、警官たちはホッとしました。

容疑猫の身元が明らかに

ボーンズは、”さらなる質問”のために郡の動物保護施設に引き渡されました。

安心する猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=QmKC1A511H4

施設で調べられた結果、ボーンズにはマイクロチップがつけられていたことが判明しました。

それにより、彼の身元が明らかとなりました。

保護施設で過ごす猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=QmKC1A511H4

職員さんは、ボーンズの所有者に連絡を取ろうとしました。しかし、連絡が付きませんでした。

新しい猫生を歩む

ボーンズの所有者がどうなったのかは不明でした。そのため、ボーンズは新しい里親探しをすることになったそうです。

里親を募集

出典:https://www.youtube.com/watch?v=QmKC1A511H4

真夜中の騒動は迷子だったボーンズが引き起こした事件?ではありましたが彼の人生にとって転機となる事でした。人懐っこいボーンズに終生のお家が見つかりますように!

YouTube:

Comment

  1. 月光仮面

    侵入者がネコちゃんだったから良かったもののマイクロチップを埋め込んだのであれば常識で考えても元の飼い主さんが懸命に捜索されるのが飼い主さんとしての責任でありながら連絡も取れないなんて飼い主さんとしての自覚があるのかぶっちゃけ疑問だけど動画内のネコちゃんに一日も早く御心ある御優しい新たな里親様御家族との御縁が訪れますように…心から切に願っております。(*´ω`)