51匹の猫を無償で『飛行機で輸送』する心やさしいパイロット

感動

保護施設で世話しきれなくなった動物たちを、余裕のある別の施設へ運ぶ活動をしているパイロットのマイケルさん。無償で多くの動物を運ぶことで命を助けるだけでなく、保護施設の活動をも支援しています。

保護された動物を航空機で輸送

5月20日、マイケル・シュナイダーさんはこれまでで最大の任務につくところでした。2015年に彼が設立した非営利組織「レスキューのためのパイロット」は、危機に瀕した動物を安全な場所に運ぶ活動をしています。

出典:https://people.com/pets/rescue-pilot-flies-51-adoptable-cats-to-safety/

彼いわく「いくつものヴェンチャー企業を立ち上げる起業家」であるマイケルさんの作った組織は、自身の航空機への愛着と動物への愛情を組み合わせたものです。多くの場合、自分で操縦して動物を運んでいますが、ほかのパイロットもボランティアばかりです。保護施設で増えすぎて世話ができず安楽死を待つ動物のために、航空券をプレゼントしているのです。そして空きのある別の保護施設へ安全に運び、そこで世話を受けながら飼い主となる家族が見つかるのを待つのです。

51匹の猫をコネチカットへ

この5月20日のフライトは、なんと51匹もの猫を運ぶ任務でした。ニュージャージー州から飛び立ち、ノース・カロライナ州にある「カロライナ・キャット・レスキュー」にいる猫たちを乗せるのです。

出典:https://people.com/pets/rescue-pilot-flies-51-adoptable-cats-to-safety/

南北のカロライナ地区で猫を保護する活動をしている同団体は、駐機場でマイケルさんに51匹の猫を引き渡しました。その多くは団体が救った猫たちです。厳しい生活をしているところを保護されました。今猫たちはパイロットたちに引き継がれたのです。その中には妊娠中の白黒猫「ブラック・ノーズ」もいます。野原で大けがをしているところを発見され、足を1本切断せざるを得ませんでした。

出典:https://people.com/pets/rescue-pilot-flies-51-adoptable-cats-to-safety/

でもひとたび飛行機に乗り込みコネチカットに向けて出発すれば、猫たちの苦難はもう過去のもの。これからは新しい生活が待っているのです。着陸すると、いくつかの保護団体から来たボランティアが出迎え、それぞれ猫たちを引き取っていきました。理想的な飼い主が見つかるまではそのまま暮らすことになります。

輸送コストを節約し、動物の援助活動を支援

出典:https://people.com/pets/rescue-pilot-flies-51-adoptable-cats-to-safety/

たった数時間で51匹の猫たちを安全に長距離運んだマイケルさんやパイロットたちの仕事は、双方の保護施設にとってたいへん役立ちました。猫を輸送するためのコストである時間とお金を節約できたからです。余った人的・金銭的資源は、さらにほかの動物を援助するために使うことができます。

出典:https://people.com/pets/rescue-pilot-flies-51-adoptable-cats-to-safety/

マイケルさんにとっては、まさにそれをめざした活動です。動物たちに新しい家庭を見つける機会を与えて、保護活動をする人々のために資源を提供することができたのですから。

詳細はウェブサイト
またはFacebookをご覧ください。

 

出典:https://people.com/pets/rescue-pilot-flies-51-adoptable-cats-to-safety

Comment