1年以上もかけて馴らして保護した野良猫の悲しい現実。最期の最期で愛情を知った猫

悲しい
スポンサーリンク

14ヶ月もかけて野良猫に餌をあげ続けて信頼関係を築き、猫を保護した女性は、すぐに動物病院に連れて行きました。そこで待っていたのは悲しい現実でした。

ホームレス猫との出会い

ブロンディという呼ばれている猫は、デパートの近くの行きどまりの道路わきの茂みに住み着いていました。

かなり恥ずかしがり屋のホームレスの彼は、明らかに困難な状況で生活しているのが判りました。

やっと保護した野良猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7W9JiCJPiyQ

多くの野良猫たちは、人間の周囲に住み着いていながらも、人を怖がって近寄って来なかったりします。

茂みの中で暮らす猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7W9JiCJPiyQ

彼らは、生きるために安全な住処を見つけなければなりません。

人間と交流を始め懐いてくれるように

ブロンディは、彼の安全区域から出て、人間とコンタクトすることに興味を持ち始めました。彼には、フードを持ってきてくれる餌やりさんがいました。

餌やりに来る猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7W9JiCJPiyQ

彼はすぐにその女性に心を許すようになりました。

撫でさせてくれる猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7W9JiCJPiyQ

そして、触らせてくれるようになったのです。

14ヶ月かけて築き上げた信頼関係

しかし、その女性はブロンディが心から彼女のことを信頼してくれるまで、14カ月待ち続けました。

その後、ブロンディとしっかりとした信頼関係ができたと確信した女性は、彼を動物病院に連れていきました。

ケージの中に居る猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7W9JiCJPiyQ

動物病院の待合室の中で、順番が来るまでブロンディは大人しく待っていました。この状態を彼女はずっと待っていたのです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7W9JiCJPiyQ

悲しい現実

しかし、このお話は、ハッピーエンディングではありませんでした。

懐いてきた猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7W9JiCJPiyQ

ブロンディはとても恐ろしい病気『猫伝染性腹膜炎』に侵されていました。

虹の橋を渡る

獣医さんはなんとか彼を救おうと手を尽くしましたが、他に手の尽くしようがありませんでした。ブロンディは、虹の橋に旅立ちました。

足元で撫でられる猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7W9JiCJPiyQ

それは、彼が新しい安全な家を得て数日後のことでした。

最後に

ブロンディは、何年も過酷な野良猫生活を強いられていました。

保護して数日という、とても短かい運命でしたが、何の心配もなく安心して暮らせる新しいお家を手に入れ、確かな愛を手に入れたことは、せめてもの救いだったと思います。

Comment

  1. 登紀子

    優しい人に助けられて幸せなひと時を過ごせたのですね。
    胸がキュンとしました。

  2. 登紀子

    世の中の人が皆この女性の心があったなら、野良猫さんもいないのにな。

  3. マリリン

    今までどんな過酷な生活だったのか。⤵️⤵️最後の最後によい人に廻り合い、良かったですね。でも、

  4. ゆりあ

    記事を見ていて何故か涙が止まりませんでした( ᵕ̩̩ㅅᵕ̩̩ )

  5. ゆりあ

    ブロンディちゃんを見ていたら胸が苦しくなって涙が止まりませんでした( ᵕ̩̩ㅅᵕ̩̩ )

  6. アスカ

    私もネコ飼っていて心温まる話しでした!!優しい人見送られて幸せだったでしょうね!
    涙が止まりません!
    一度家族に迎え入れた方手放さないで欲しいですね!

  7. サスケ

    スヤスヤと暖かい部屋で眠っているうちのニャンコをみていると、世の中の猫が全て幸せになる事を願ってやまない。

  8. まーちゃん

    「なんて…」
    言葉になりませんでした。
    只々…私の目からは、想いが込み上げて涙が溢れています。
    どうか!もう苦しみから解放され、暖かい人の心とその温もりに触れられた事に「しあわせ」を感じて…

    心から…ブロンディちゃんのご冥福をお祈りいたします。
    きっと夜空のキラキラ光るお星様になり、愛をくれたママをいつまでも見守ってくれると思います。