”多頭崩壊”の中で埋もれていた黒猫オレン、最愛の飼い主を見つけ平和な暮らしへ

感動

多頭飼いで崩壊したペット150匹との暮らし。動物保護団体の尽力で、そこから救われた猫オレンは、特別に社交的で明るい猫でした。今オレンは幸せな家庭で平和な毎日を送っています。

やさしく愛らしい猫オレン

出典:https://youtu.be/esnFsew98WM

「オレンに会った瞬間に、この猫を世話しようと思いました。驚くほどやさしく愛らしい子です。保護された状況を考えると、信じられないほどです」

出典:https://youtu.be/esnFsew98WM

オレンはノースカロライナ州チャタムの住宅から、ほかの150匹の動物とともに劣悪な環境で飼育されていたところを、救出・保護されました。HSUSの動物保護チームの人々は、苦境にあって健康上の問題を抱えながらも、この猫が特別に愛らしく社交的であることに気づきました。

出典:https://youtu.be/esnFsew98WM

救出に当たったサラ・バルサさんは話します。

「60匹ほどが囲いの中で暮らしていました。その中で、呼吸に苦しみながらもオレンは特別に私たちを歓迎してくれたのです。厳しい環境の中で、まるで『さあ、一緒にここから出るよ』と語りかけているかのようでした」

同じく保護活動に従事したシェリ・オーナーさんは「オレンがこれまでいた状況は『大惨事』と呼んでいいと思います」と言います。

会った瞬間から「ぜひわが子に」

出典:https://youtu.be/esnFsew98WM

HSUSの緊急保護活動を手伝っている「SAFEへブン・フォー・キャット」のシェルターへ運ばれたオレン。そこでボランティアのべスさんに出会いました。「大惨事」から逃れたオレンを見た瞬間、ベスさんは「この子を引き取ろう」と心に決めました。

「獣医の治療を受け、慢性呼吸疾患を患っているのがわかりました。おまけに白癬だらけです。カリフラワーみたいにボロボロの耳で、慢性的な脱水状態。ほかにもいろいろ問題があり、関節炎まで患っていました」

とベスさん。

「べスさんは引き取り家庭を探す担当でしたが、自分でこの猫を引き取りたいと申し出たのです。彼女はオレンの状況を理解していたので、最高の組み合わせでした」とシェリーさん。

みんなに愛される猫

出典:https://youtu.be/esnFsew98WM

「オレンの明るい性格は特別のものです。保護した時に獣医がケージを運びこんだ瞬間から、人々はオレンが大好きになりました。こういう猫を幸せにできるのは、とてもうれしいことです。あら、涙が出てきちゃったわ。だって、オレンはみんなに愛されているからね」

とシェリーさんは付け加えます。
「この猫が特別なのは、私たちを絶対的に信頼してくれるという点です」

出典:https://youtu.be/esnFsew98WM

「朝の6時に朝食をもらって、何か向こうのほうにいいことがないかと歩いて行って、そこで遊んだりおやつをもらったり、あるいは目新しい何かをする。そんな毎日のオレンの生活は、本当に幸せなんですよ」

とべスさんは話してくれました。

Comment