ネグレクトされ死を待つばかりのドーベルマン。救ったのは心優しい人々だった

感動

農場に現れた犬はやせ細って弱っていました。通報を受けた保護団体が引き取り、治療と世話を重ねて、本来のドーベルマンらしい元気な犬によみがえらせたのです。この犬ディアズの変貌ぶりをご覧ください。

現れた犬は骨と皮だった

出典:https://www.youtube.com/watch?v=t7Yw10MXbsM

体を丸めて、草地に横たわるドーベルマン。やせて骨だらけ。皮膚も汚れています。

2016年12月31日の大晦日のこと。「弱ったドーベルマン犬が農場に現れた」との通報で、動物保護団体「タキス・シェルター」が現場へかけつけました。犬はやせ細って、立ち上がるのも苦しそうです。

保護されて点滴を受け、餌をもらった犬は、ディアズと名付けられました。獣医の診断では、原虫感染による「リーシュマニア症」を患っているとのことです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=t7Yw10MXbsM

治療薬と栄養たっぷりの餌、そして十分な休養と愛情いっぱいの世話を受け、ディアズは健康を回復してきました。

この旺盛な食欲をご覧ください!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=t7Yw10MXbsM

施設にいる犬たちと遊ぶのも大好きです。

「このボールは、ぼくのだよ」

本来のドーベルマンらしい、個性豊かでやさしく美しい犬がよみがえったのです。

ディアズのその後や、ほかのたくさんの保護動物たちのことは「タキス・シェルター」のフェイスブックページでご覧いただけます。

Comment

  1. 名無しのもふもふ

    良かった⤴️
    助けて下さった⤴️
    有難う御座います
    有難う御座います
    幸せでありますよう

  2. 長網志津子

    30年前に12年間、ドーベルマンと一緒に過ごしました。この動画を見てなんとも懐かしく、弱っていた頃から心優しい方と出会え元気なっていくドーベルマンをみて泣けました。有り難うございました。