『頭を何度も撃たれた子犬』必死に生き抜いて奇跡的に回復

悲しい

レバノンで頭を何度も銃弾で撃たれた子犬が見つかりました。心やさしい女性が発見して保護しました。獣医の予想に反して子犬は奇跡の回復を果たし、新しく引き取ってくれる家庭を探しているところです。

子犬の頭にパックリと傷口が

出典:出典:https://www.boredpanda.com/shot-stray-puppy-animals-lebanon/

レバノンのベイルートの街で、野良の子犬がさまよっていました。アマル・アンダリさんが友人とドライブをしていたとき、この犬に気づきました。水でもあげようと近づいたところ、子犬の頭に大きな傷口が開いているのに気づきました。これは大変。この子犬には緊急保護が必要だと悟ったのでした。

出典:出典:https://www.boredpanda.com/shot-stray-puppy-animals-lebanon/

すぐに近くの動物病院へ運び、レントゲン検査を受けました。その結果、この子犬は無数の銃弾を撃ち込まれていることがわかったのです。たぶん地元のティーンエージャーたちがふざけて撃ったのでしょう。しかも子犬はパルボウィルス感染症も患っていました。

出典:出典:https://www.boredpanda.com/shot-stray-puppy-animals-lebanon/

アマルさんは動物福祉団体「アニマルズ・レバノン」でボランティアをしている心やさしい人です。彼女によると、レバノンではこうした虐待行為をする人間が多く、野良犬に毒を盛る事件も多いそうです。

予想に反して生き延びた子犬

出典:出典:https://www.boredpanda.com/shot-stray-puppy-animals-lebanon/

この子犬は「ボンドク」と名付けられました。虐待の結果、傷つき視力も失ってしまったのです。生き残れる確率はたったの25%でした。

出典:出典:https://www.boredpanda.com/shot-stray-puppy-animals-lebanon/

でも子犬は生き延びました。回復を続け、引き取り家庭を探しているところです。レバノン国内でも、国外でもかまいません。

人々のコメント

・犬を虐待した人間たちをたどり、何度も撃ってやりたい。こういう犬を救ってくれた人こそ、世の中に必要な人々だね。

・気持ちはわかるけれど、虐待をした人と同じレベルに下がって報復するのはやめましょうよ。禁固刑でじゅうぶんだわ。

・銃を楽しみのために使う人々には、あきれるね。

・サファリなども同じさ。美しい野生動物を楽しみのために殺している。あきれたものだ。

・人々が動物の気持ちになって行動できないのが悲しい。とくに若い少年たちは、動物たちに虐待をしたりして、社会を醜いものにしているわ。

・どうかこの犬が良い家庭に引き取られますように。

・なぜ動物を虐待するのだろう?優越感を満たすため?とても悲しいね。動物たちにも人間と同じ感情があるのだから。

出典:https://www.boredpanda.com/shot-stray-puppy-animals-lebanon/

Comment

  1. HW

    こんな酷い事よくできるね
    こんな事する人間こそ殺処分するべき!

  2. 名無しのもふもふ

    生きてて良かったね。幸せになってね。撃った奴らに罰があたりますように

  3. 名無しのもふもふ

    動物虐待する人許せない。必死に生きてるのに。同じ思いをさせたい。許せない。

  4. コスモス

    動物を飼ってる側からしたら┉

    何故?虐待するか?出来るのか?

    理解できません!したくないが本心です!

    弱いもの虐めは絶対しては行けないことです!

    このワンちゃんは生命力のあるワンちゃんと思います…

    辛かった分いっぱい幸せになってね!

  5. みーちゃん

    同じ目にあわせてやりたい 手加減しないでやっつけてやりたい こんな奴は自分が同じ目にあっても目が覚めない