シャネルが似合う猫って誰?『カール・ラガーフェルド』が愛した猫”シュペット”

なるほど

世界的に有名なデザイナー・カールラガーフェルドが愛してやまないのは何と猫のシュペットです。彼女と結婚することまで望んでいたのですから。ご自分のペットが大好きな人は多いと思いますが、さすがに、結婚しようとは思いませんよね。

『カール・ラガーフェルド』が愛した猫”シュペット”

出典:https://hips.hearstapps.com/

あなたはご自分の未来の姿を想像する事が出来ますか?私、全く想像していませんでした。まさかこんな事になろうとは。私自身のお話をする前に超有名なあの人を紹介させて頂きますね。あの人とは、今世紀最高のデザイナー、キングと呼ばれている「カール・ラガーフェルド」さんです。

もちろん皆さんご存知ですよね。そう彼は、高級ブランド・シャネル、フェンディのデザイナーです。私、元は彼のお友達に飼われていたのですが、その人から彼にプレセントされて、そこから人生変わり始めました。

そうそう私の名前は、「シュペット・ラガーフェルド」。全てにおいて素晴らしい変化なので何も文句を言う筋合いではないのですが、あれよあれよという間に進んだので何だか幸せ過ぎて怖いくらい。私の自慢がこの目です。近くで良く見てください。綺麗なブルーでしょ。このブルーは彼の様々な作品に影響を与えたようです。

「結婚したい」と言わしめるほど溺愛!

出典:https://hips.hearstapps.com

彼は私と結婚したいと言うほど愛してくれたのです。結婚する事は出来ませんでしたが、それ以上に大事にしてくれました。どのくらいかって。

先ず、有名シェフの料理を同じテーブルで頂き、他に2人のメイドとボディーガードも付けてくれました。プライベートジェットでのお出掛けでは窓の外を眺めながら。私ipadを使えるので、Twitterを始めるとアッと言う間にフォロワー46000人。彼の作品にもインスピレーションを多数与えたようです。

彼が有名人だから必然的に私の露出も多くなるわけで、私に関する記事も次から次へと。しかしそんな生活がある日突然消えようとしていました。彼が85才で亡くなったのです。最愛の人を亡くした悲しみとこの生活を失う寂しさを感じていた私ですが、更なる驚きが待っていました。

なんと巨額の遺産を残していた

出典:https://matome.eternalcollegest.com/

何と彼が私に数百万ユーロ、日本円に換算すると数億円の遺産を残していたのです。自分がいなくなった後も私が何不自由なく暮らせるようにと残してくれました。

私達の住んでいるフランスでは動物に遺産相続の資格はないので、それが可能な彼の生まれ故郷ドイツで暮らします。私が有名になってSNSやインタビュー等で得た報酬も私名義の銀行口座に入っていますが、とにかくそんな大金どうしたらいいのでしょうか? 私、猫です。

生前彼は、シュペットが彼の母の生まれ変わりではないかと語っていたそうです。それもあって、彼女を溺愛したのではないでしょうか?彼のいないこの空気感に慣れるには少し時間がかかるでしょうが、今までと同じラグジュアリーな生活はできるよ。

Comment