橋の上で人に助けを求めていた野良犬を緊急保護…救われた命の新生活に心温まる♡

感動

ある日、ロサンゼルスにある動物保護団体『HOPE FOR PAWS』の元に、1本の通報が入りました。急いで現場に駆けつけると、そこには人々に助けを求めるように歩き回る1匹の小型犬の姿がありました。

橋の上を犬が歩き回っていると通報を受けて現場へ向かうと…

ある日、動物保護団体として活動している『HOPE FOR PAWS』の元に、「橋の上を小さな犬が歩き回っている」と通報が入ります。この通報を受け、すぐにスタッフが現場へと向かった時の映像です。

出典:https://youtu.be/JOwmqPPkjww

スタッフが現場へと向かうと、そこには橋の上を歩いている1人の男性と、その隣をぴったりと寄り添うように歩く1匹の小型犬がいました。

しかし、男性に近づき「お宅のわんちゃんですか?」と聞くと、違うとの答えが!どうやらこの小型犬が通報を受けたわんちゃんのようです。

出典:https://youtu.be/JOwmqPPkjww

保護を試みるため、まずは犬の警戒心を解こうと餌を出して見せてみます。すると、思いの外、強い警戒心を見せることなく、嬉しそうにスタッフに近寄り餌を受け取るではありませんか!

ここまで人間に懐いているということは、元々は飼い犬であった可能性が高く、なおかつとてもお腹を空かせている状況だったのでしょう。

その後も嬉しそうに可愛らしく与えられたごはんを頬張る姿は、とても可愛らしいです。

出典:https://youtu.be/JOwmqPPkjww

しかし、その後保護を試みると、すかさず警戒心を覗き見せる小型犬。どうやら人間を心から信頼しているわけではないようで、その後、しばらくスタッフが取り出したリードに警戒心を見せ続けます。

隙を見てリードを首に引っ掛けると、そのままスルスルと締まりリードを装着することに成功しました。しかし、その後もしばらくの間は逃げ出そうともがく犬の様子が映し出されています。

そんなわんちゃんに、スタッフさんは優しく声をかけてなだめ続けます。すると、しばらくして敵ではないことを理解したようで、大人しくスタッフさんに撫でられるわんちゃんの姿が!どうやら保護に成功したようですね。

病院に連れて行かれた『ディンゴ』

保護された時は耳から悪臭が漂っていたわんちゃん。病院に着くまでの間に『ディンゴ』と名付けられました。

出典:https://youtu.be/JOwmqPPkjww

病院に着くと必要や検査や治療、シャンプーなどのケアを行ってもらったディンゴ。実は、ディンゴはパルボウィルス感染が確認されたため、あの時保護していなければ、数日の間に路上で亡くなっていた可能性があったとのことです。

保護の翌週に体調を急激に崩してしまったディンゴでしたが、病院のスタッフさんの懸命な治療やケアによって、すっかり元気に回復しました♪

出典:https://youtu.be/JOwmqPPkjww

病院にいた大型犬にも怖気付くことなく、愛嬌を持ってじゃれつくディンゴ。元来、とてもフレンドリーで甘えん坊な性格のわんちゃんなのかもしれませんね!

とても楽しそうに元気よく大型犬にじゃれつく様子を見ると、体調はしっかり回復したのだと感じ、ホッと一安心します。

その後は新しい家族の元で新生活をスタート

出典:https://youtu.be/JOwmqPPkjww

その後、素晴らしい家族によって引き取られたディンゴは、ディンゴのためにと用意された素敵な環境で楽しく、そしてたっぷりと愛情を注がれながら過ごしているとのことです。

実際、スタッフが様子を見に行ったところ、ディンゴはとても楽しそうに敷地内で遊びまわり、なんと素晴らしい芸まで学習していたのだとか!!本当に素敵な生活を送っているのですね。

そんなディンゴの様子は、動画の最後にもたくさん記録されています。ぜひ元気に回復し、楽しい犬生を再スタートさせているディンゴをご覧ください♪

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

Comment