『障害を持った犬たち』6頭を引き取って幸せに暮らしているトレーシーの生活

感動

トレーシーは愛犬のジャーマンシェパードが死んだことがきっかけで、障害のある犬を引き取って自分の家族にするようになった。今は6頭の障害のある犬と2頭のジャーマンシェパードといっしょに幸せに暮らしている。

障害のある犬を自分の家族に

出典: https://www.top13.net/woman-adopts-6-disabled-dogs/

トレーシー・ファウラーが障害のある犬を引き取るようになったきっかけは、2、3年前に、可愛がっていたジャーマンシェパードが死んだことでした。その時から、普通は引き取り手がなくてシェルターにいる犬をみんな引き取ることに決めました。トレーシーは、それは今までにした決心のうちで最良のものと思っています。

出典: https://www.top13.net/woman-adopts-6-disabled-dogs/

なぜなら今ではトレーシーの犬は8頭にもなり、生涯を通じて一番幸せな日々を過ごしているからです。犬たちにとってトレーシーはいくら感謝してもしきれない命の恩人です。気高い心を持ったトレーシーのおかげで障害があるにもかかわらず家族を持って新しくやり直すことができました。この犬たちには普通の犬よりも多くの手助けや理解が必要ですが、トレーシーにとっては問題ではありませんでした。トレーシーは犬たちをファウラー軍団と呼んでいます。

幸せに暮らすファウラー軍団

出典: https://www.top13.net/woman-adopts-6-disabled-dogs/

ヘイデンという犬が病気になり足が不自由になりました。でも、最後の日まで彼は幸せでした。
「ヘイデンは変性性脊髄症と闘っていましたが虹の橋を渡りました」その時から、同じ状態の犬を助けてヘイデンを偲ぶことにしました。「今は犬が8頭います。6頭は障害のある犬で、2頭のジャーマンシェパードは、他の犬を引き取る前から飼っていた犬です」

出典: https://www.top13.net/woman-adopts-6-disabled-dogs/

実際、ファウラー軍団には何も欠けるところはないのです。彼らはトレーシーの庇護の下で雪の中でいっしょに遊んでとても幸せです。トレーシーによれば、障害のある犬を世話するのは他人から見れば大変に見えるかもしれないけれども、真剣に取り組む必要があるだけで、全然大変ではないのだそうです。
トレーシーはできる限り障害のある犬を助け続けるつもりです。障害があると特別な愛情や世話が必要になり、誰にでもできるものではないからです。

出典: https://www.top13.net/woman-adopts-6-disabled-dogs/

Comment

  1. マリー

    すばらしい人。尊敬します。そしてありがとう。涙で読めなくなりました。