末期癌で『海に捨てられた』犬は、安楽死も勧められたが生きることを諦めない

悲しい

飼い主は末期癌と下半身麻痺をかかえた犬を凍てつく海の中に捨てて消えてしまいました。絶望した犬が再び人を信じ、残された日々を一生懸命に生きる姿をご覧ください。

末期癌に脊椎骨折…海に捨てられ誰も信じられなくなった犬

ギリシャのクレタ島で保護活動を行う『Takis Shelter』の元に、凍てつく海に浸かったまま動けない犬がいるという救助要請がありました。そこにいたのは…

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

凍てつく海に浸かったまま座っている犬の姿がありました。動くことができないのか、体の向きを変えることも移動することもできません。

更に、振り返ってこちらを見る犬の顔は、巨大な腫瘍で覆われていました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

このままでは餓死や凍死も考えられますが、犬は吠えることで必死に自分を守り、救助もままなりません。

誰も信じられない…

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

なんとか海から救い出し、『Takis Shelter』創設者のタスキさんは、犬の信頼を得るために自宅に連れ帰り、一晩中一緒にすごしました。

しかし、大好きな飼い主に冷たい海に捨てられるというショックな出来事は、犬の心に大きな傷を負わせ、簡単に心を開いてはくれません。触ろうとすると犬派吠えて抵抗します。

それでもタスキさんの「助けたい」という思いが伝わったのか、徐々に犬は落ち着きを取り戻し、鎮痛剤と抗生物質を投与することができるまでに。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

獣医師の診断により、犬は末期癌と脊椎の骨折により後ろ足の麻痺がわかりました。

安楽死も勧められる中、タスキさんは犬に残された日々を安心して幸せに暮らせるようにしてあげたい、最期の瞬間まで愛されていることを感じてもらいたいと、出来る限りの愛情を注いであげることを決意します。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

タスキさんは犬を『ブラック』と名付け、ブラックのためにオーダーメイドの車椅子を用意してあげました。

自由に動けるようになったブラックは、嬉しそうにほかの保護されている犬たちとあそんだり、草原の散歩を楽しみます。

残された日々を愛と思いやりに溢れたものになるように…

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

ブラックは、タスキさんが大好き!タスキさんやほかの犬たちもブラックが大好き!

ブラックは自分からタスキさんに顔をすり寄せ撫でてもらったり、ボールを投げてもらうと嬉しそうに取りに行きます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

生き生きとしたブラックの姿からは、余命わずかなことや障害のことなんて微塵も感じません。

絶望に打ちひしがれていたブラックがここまで変化を遂げたのは、ブラックの「生きる」気持ちとタスキさんの「愛」でしょう。

救助されてから愛に溢れた中で残された日々を楽しんで生きるブラックの姿をぜひご覧ください。

Comment

  1. ふみ

    この世の中で、一番残酷な事が出来る生物は人間!でも一番優しい慈愛を持ってるのも人間!知恵もあるだろう!要はその使い方なのに、
    この子を助けてくださって、残された命の尊さを存分に与えて下さってて、命を全う出来る機会を下さって、ありがとうございます!貴方と!此の子の、残された命が幸せであります様に!願っています

  2. まみ

    最後最後まで看るのが飼い主の役目なのにひどい話です。どうか今をしあわせに生きてね!ブラック!!
    もし同じような事が自分にあったらどうだろうかと考えなかったのかしら元飼い主さん!!犬だってもの言わぬ命です。もの言わぬからやって良い事と悪い事がわからないんだろうかと思います。