2年間ネグレクトされ続け警戒心むき出しになった犬を心から救えるのか

感動

動物保護活動を行っている『HOPE FOR PAWS』は、約2年もの間、引き取られた里親からネグレクトを受け、その挙句に殺処分へ送られてしまったという「レイシー」を引き取りに保健所へと向かいました。

里親によるネグレクトを受けた犬を保護

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2JdHXywxYSQ

動物保護活動を行う団体『HOPE FOR PAWS』の元に、里親に引き取られたものの、約2年間、屋外放置されてネグレクトを受けていたという「レイシー」の報告を受け、スタッフは保健所へ引き取りに向かいました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2JdHXywxYSQ

裏庭に放置されるという辛い日々を送ってきたレイシーにとって、今は人間が信じられないという状態なのでしょう。

保護に向かった『HOPE FOR PAWS』のスタッフにも頑なに心を許そうとはせず、助け出そうとするスタッフの指を噛んでしまいました。幸い大きな怪我ではありませんでしたが、とても心が傷ついていることがわかります。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2JdHXywxYSQ

最初は警戒心むき出しだったレイシーですが、スタッフも諦めずレイシーを保護しようと頑張った結果、疲れてしまったのか戦意喪失した瞬間を見逃さず、保護に成功!

入れられていたケージの中からすっと抱き上げ、明るい場所へと移動していきます。明るい場所へと移動していくうちに、レイシーも思わずキョロキョロ…。「何が起こっているの?」というようなキョトンとした可愛らしい表情を見せています。

人への警戒心が薄れていくレイシー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2JdHXywxYSQ

長い時間、スタッフとやりとりを続けていたからでしょうか。それとも疲れてしまっただけでしょうか。どちらにせよ、もうレイシーはスタッフさんに対して警戒心や敵意はないようです。

キョトンとした愛らしい表情を浮かべながら、大人しくスタッフさんに抱きかかえられている様子を見ると、普通の家庭犬にも見えてきます。

撫でてあげると、ちょっぴり嬉しそうな表情を見せたレイシー。さっき噛んでしまった指を見せると、「ごめんね」と言うかのように優しくペロペロと舐めています。きっと元々はとても優しい子だったのでしょう。

こうしてレイシーの保護は無事に完了しました。

仲良しになったスタッフとスキンケアタイム

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2JdHXywxYSQ

団体の施設へと帰った後は、保護活動の最中に仲良くなったスタッフさんとスキンケアタイムです。

大人しく抱っこされた状態で、バリカンを使って伸びきった毛を刈っていきます。あまりの毛量に、どれだけ放置されていたのかがわかります。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2JdHXywxYSQ

グルーミングが終わった後は、毛を刈ってくれたスタッフさんとイチャイチャ♡どうやらレイシーは、こちらのスタッフさんがお気に入りのようです。

膝の上に乗った状態で甘えてみたり、手をペロペロと舐めてお礼を伝えてみたり…とても可愛らしいわんちゃんですね!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2JdHXywxYSQ

その後、レイシーには新しい里親が見つかりました。今度の里親さんはとても素敵な方で、すでに他にもわんちゃんを飼っていました!

他のわんちゃんの勢いに圧倒される様子を見せながらも、一緒になってお庭を走り回ったり散策したりして楽しむレイシー。とても幸せそうで何よりです!

レイシーは、元々とてもいい子でした。しかし、ネグレクトにより愛を与えられぬまま育ってしまったため、人間に対して警戒心と不信感が募ってしまったのでしょう。今では幸せに暮らしているとのことで、ホッと胸を撫で下ろすことができました。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

Comment