頭を怪我して自力で食事もできなかった子猫。懸命な看護によって奇跡の回復を遂げる

感動

ブルガリアにある街の路上で発見された猫は、頭に大きな怪我を負い、すでに瀕死の状態だったと言います。しかし、アニマルレスキュー団体によって保護され、彼らの懸命な看護によって、少しずつ回復していくストーリーをご覧ください。

路上で頭を怪我した野良猫を発見・保護

ブルガリアのある街で発見されたのは、頭に大きな怪我を負い、瀕死の状態で倒れていた野良猫でした。『ルドゼム・ストリート・ドッグ・レスキュー』によって保護されましたが、その時はあまりにも悲惨な状況だったと言います。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=l2Dqk6Sj0Mw

路上で発見されたこちらの野良猫は、保護団体によって救出されたものの、頭を強く打っているのか、怪我のためなのか、正常な感覚を取り戻すことができず、自分で食べ物を食べたり水を飲んだりすることも難しい状態でした。

頭には流れた血がこびりつき、何が起こったのかはわかりませんが、とても大変なトラブルに見舞われたことがわかります。

保護した『ルドゼム・ストリート・ドッグ・レスキュー』では、この猫を保護し、「ボー・ピープ」と名前をつけ、水分補給させたり、食べられない猫にビタミンや抗生物質を投与することで看護を続けました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=l2Dqk6Sj0Mw

その後、今の状態を知るために獣医による診察が行われました。やはり、頭を怪我したことでダメージが大きいらしく、視力にも影響を及ぼしているだろうということです。

現段階でできる限りの治療をしてもらい、「あとは少しでも回復するのを待つくらいしかできない」という獣医の言葉を受け、保護団体もできる限りの事をしようと試みます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=l2Dqk6Sj0Mw

診察後も保護されてから8日目の時点では、自分でごはんを食べることもできず、団体のスタッフさんが数時間おきに栄養補給をさせるという状態が続いていました。

果たして、この状態から回復することはできるのでしょうか。

2度目の検診時には獣医も驚く回復を見せる!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=l2Dqk6Sj0Mw

そして、しばらく懸命に看護を続け、2度目の検診に病院を訪れた時、獣医は「まさかあの後、無事に命が助かっていたとは…!」と驚きを隠せなかったと言います。つまり、それほどひどい状態であったということですね。

検診では視力も回復傾向にあるということで、この段階では30%ほどまで視力が戻っているとのことです。このまま頑張ってケアを続けていけば、より体も視力も回復できるかもしれませんね!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=l2Dqk6Sj0Mw

また、保護団体のスタッフさんによると、この1〜2週間で猫にも変化があったと言います。毛づくろいをしてみたり、自分でトイレに行き排泄できるようになったりと、生活にも良い変化が訪れているそうです。

これは回復も近いかもしれませんね!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=l2Dqk6Sj0Mw

ここまで、スタッフさんによる栄養補給でどうにか命を繋いできたボー・ピープでしたが、保護されてから3週間ほどが経ったある日、とうとう自分でごはんを食べることができたのです!

これはとても大きな進歩です。今後は自分でごはんも食べられるようになったため、生活の多くを自分で行うことができるようになったということです。

瀕死の状態を保護されたボー・ピープ。スタッフさんの懸命な看護もあり、獣医さんが驚くほどの回復力を見せつけました!実は、ボー・ピープは「ムーチュ」というお友達もできたそうです。次は新しいお家を見つかることを祈ります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネル及び情報元の団体より許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Julia Modas
情報元団体:Rudozem Street Dog Rescue

▼Rudozem Street Dog Rescue公式サイト▼
https://www.streetdogrescue.com/

Comment