リードをかけようとすると”失禁”してしまうほど人間が怖い保護犬の心が溶けるまで

感動

「殺処分から救い出したはいいけれど、扱いが難しくて困っている」と保護団体『Hope For Paws』に相談がありました。怯えきって悲鳴まであげる犬は人間を信じることができなくなっており、その心を溶かしたのは愛情でした。

絶望と恐怖はなかなか消えない…

想像してみてください。信頼していた飼い主に捨てられ、冷たいコンクリートと檻に囲まれて1人絶望と不安ですごす気持ちを…。職員に連れられて2度と帰ってこない犬たちは何をされているのか…?

出典:https://www.youtube.com/watch?v=_LqSHfkLvHk

1人の心優しい個人によって、エディは殺処分の直前に収容所を出ることができました。しかし、怯え方が尋常ではなくどうすることもできないと、Hope For Pawsに相談したのです。

Hope For Pawsの代表であるエルダッドさんは、すぐにエディの保護されている病院へ向かいます。

クレートのフタを開けると、エディは自分の置かれている状況がわからずに怯えていました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=_LqSHfkLvHk

エディにリードをかけようとすると、異常なほどの拒否反応を示したエディは部屋の隅に逃げ込みます。

リードをかけようとエディに近寄るも、悲痛な声で吠えて抵抗し、なかなかリードをかけさせてくれません。

リードがどうしても怖い

出典:https://www.youtube.com/watch?v=_LqSHfkLvHk

何とかリードをかけるも、恐怖のあまり便まで漏らしてしまいました。

よっぽどリードに嫌な思い出があるのでしょう。飼い主に収容所に連れて行かれたことや、収容所での生活が思い出されるのかもしれません。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=_LqSHfkLvHk

エディが便を踏まないように、リードを引き寄せると自らエルダッドさんの膝の上に…。

エディにとってリードは怖いものでも、もともとは人の温もりを知っています。エディにとって人間の膝の上は安心できる場所なのかもしれません。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=_LqSHfkLvHk

エディはエルダッドさんの気持ちを感じ取ったのか、徐々に心を開き、しっぽを振ってくれるまでに…!

ゴロンと転がり、お腹を見せて撫でられることを喜んでいるようです。…本当はこうされることをずっと望んでいたのでしょう。

エディはとってもお利口さん!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=_LqSHfkLvHk

ボサボサだった毛をすべてカットします。エディはとってもおとなしく、簡単にカットさせてくれました。

カットが終わると、自分からエルダッドさんに甘えます。こんなにお利口でかわいい犬が捨てられて殺処分の対象になっていたなんて…。

「収容所では全てがとても怖いものです。小さな犬ならなおさら。だからどうか、こういう犬たちを見過ごさないでください。全てのエディは、ハグを必要としています。」

エディの里親を募集する形で動画は終了しましたが、その後エディには永遠の家族ができて幸せな日々を送っています。人間の勝手な都合によって消えそうだった命が救われ、幸せになって本当に良かった。

アメリカなどの殺処分は人道的に薬による安楽死ですが、日本では一酸化酸素による窒息死がほとんどです。彼らが最後の15分間、苦しみながら何を思うのか…。殺処分がなくなる日がくるといいですね。

エディの心が溶けていく姿を、ぜひ動画でご覧ください。

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

Comment