体重わずか1キロ!キュートで甘えん坊の「肩乗り猫」ウィドル

感動

小人症のために体が極端に小さい子猫を一時預かりした看護師さん。猫は彼女の肩に乗ったまま勤務先で一緒に過ごし、自宅では人間のそばを決して離れない甘えん坊です。子猫はそのまま彼女の家族になりました。

体の小さい子猫が保護される

ここはニュージーランド北島のローワー・ハット地区。猫のウィドルは、生後6週間のときに妹猫とともにボランティア団体「キトゥン・イン」によって保護されました。そのときウィドルの体は平均よりずいぶん小さかったのです。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-cant-grow-finds-love-2581015048.html

小さくてもウィドルは元気いっぱいで、いつもよく鳴いておしゃべりしていました。誰かが一緒にいるとうれしそうで、とても甘えん坊の子猫です。

動物病院で看護師として働くジェシーさんが、2匹の子猫を自宅でしばらく預かることになりました。抱き上げたとたん、ウィドルは彼女の肩に乗って、そのまま気持ちよさそうに丸くなったのです。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-cant-grow-finds-love-2581015048.html

ウィドルはほかの子猫のようにぐんぐん成長していきませんでした。
「何ヵ月たっても大きくならないのです。妹猫やほかに預かっている猫たちはすぐ成長していって、もう引き取り先も見つかりました」とジェシーさんはいいます。

「ウィドルはそのままうちに残りました。家族の心をしっかりとらえてしまったのです」

「肩乗り猫」として職場でも一緒

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-cant-grow-finds-love-2581015048.html

ウィドルは人間にくっついて眠ります。かわいがってもらうのが大好きな「くっつき虫」なんです。

ジェシーさんは仕事場へもほとんど毎日ウィドルを連れていきます。子猫がくっついたまま離れようとしないからです。

「ずっと肩に乗ったままです。乗られた人間がどう思おうと関係ありません。いつもごきげんな猫で、落ち着いていてキュートな子ですよ。みんなの肩に乗れば、高いところから見渡せるので、楽しんでいるのです。わたしの自慢の子ですよ」とジェシーさんはいいます。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-cant-grow-finds-love-2581015048.html

生後6ヵ月で、ウィドルはやっと体重が1キロになりました。
「汎下垂体機能低下症といわれる、小人症の一種だと推定されます」とジェシーさん。

ウィドルの体はたぶんずっと小さいままですが、心は大きくてまわりの人々に愛を振りまいているのです。

「肩乗り猫」になっていないとき、ウィドルは人間の腕に抱かれて丸くなり、大音量で満足げに「ゴロゴロ」いっています。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-cant-grow-finds-love-2581015048.html

人間のそばが大好き!

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-cant-grow-finds-love-2581015048.html

人間に寄り添って抱かれているときが、一番幸せなのです。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-cant-grow-finds-love-2581015048.html

ゲームするときは、「猫の手」も貸してあげます。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-cant-grow-finds-love-2581015048.html

ねえ、こっち向いて!

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-cant-grow-finds-love-2581015048.html

ウィドルがやってきてから1年がたちました。
「まだ体は小さくて肩に乗れる大きさです。居間を歩いていると、ウィドルが必ず肩に乗っかってきます」

ウィドルは今日も人々のあとをついて家中を移動します。抱き着いて「ゴロゴロ」いいながら。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-cant-grow-finds-love-2581015048.html

 

Comment