「もう不要」19キロ歩いてやっと戻った「猫」に家族は安楽死を求める非道

悲しい

離れた家族を恋しく思い、19キロ以上の道のりを歩いて元の家に戻った猫。でも飼い主は猫を見るなり獣医に「安楽死させて」と頼んだのです。人々はこの話に大きなショックを受けました。

離れた家族が恋しい!歩いて元の家へ

ペットを飼うのにはいろいろな理由があります。家族に忠誠心を持ってくれるからというのは、そのなかでも一番心温まる動機でしょう。ペットたちは家族を守るためなら何でもしますし、無償の愛情をもってそばにいてくれます。今回ご紹介する茶白猫のトビーもそうだったのです。

北カロライナ州に住む家族が「もういらない」とトビーを手放しました。でももちろんトビーは家族が恋しくなって、また一緒にいたいと思ったのです。そこで19キロ以上もの道のりを歩いて、やっと前の家に戻ったのです。でも家にたどり着いたとき、予想もしなかったことが起こりました。

獣医に「安楽死させて」

トビーを見るやいなや、元飼い主は動物保護団体の獣医のもとへこの猫を連れていきました。健康診断のためではありません。「安楽死させてほしい」というのです。職員が理由をたずねると「もういらないから」との答えでした。

出典:https://www.top13.net/family-cat-walked-12-miles-home/

動物虐待防止協会がこの団体から連絡を受け、トビーを無事保護しました。事情を聞くと、ボランティアたちはすぐ新しい飼い主を探し始めました。この悲惨な話が公表されると、世間は大騒ぎになりました。

イベントPRのおかげで大スターに

フェイスブックにはこのように投稿されています。

「トビーは動物虐待防止協会の里親センターにいて無事です。新しい飼い主が見つかるのを待っているところです。たぶんほかの猫がいない家庭が向いています。この話を聞いて、みなさんが気の毒な動物たちのためにひと肌脱いでくださることを望んでいます」

出典:https://www.top13.net/family-cat-walked-12-miles-home/

同協会は2018年に「歩け歩け!ワンちゃんだらけのお祭り(ドッグ・ウォークとウーフストック)」というイベントを開催し、そのときに猫のトビーが大スターになったのです。トビーの悲しい話を紹介して「トビーは生きるために19キロを歩きました。あなたは無数のトビーのような動物を救うために同じことができますか?」というスローガンを掲げてPRしたためです。

出典:https://www.top13.net/family-cat-walked-12-miles-home/

ご推察のとおり、トビーはそれほど長く施設にはいませんでした。すぐに新しい家族が見つかり、この猫にふさわしい愛情を毎日たっぷり受けて暮らしています。

出典:https://www.top13.net/family-cat-walked-12-miles-home/

こんな記事も読まれています


【衝撃】監視カメラに映っていたのは子猫を物のように捨てていく男女の姿だった


『頭を何度も撃たれた子犬』必死に生き抜いて奇跡的に回復


【感動】余命わずかな少女の最後の願いは『子猫との時間』だった

Comment

  1. 母さん

    なんて身勝手な‼️初めから飼う資格ない❗家族なんだから 最後まで愛してあげて❗

  2. 名無しのもふもふ

    どんな思いで家まで戻って来たかと思うと飼い主が許せません。
    この子はどうなったのでしょうか?

  3. クレアちゃん

    猫は犬とは違って、テリトリー外の19キロを歩くというのは、
    想像以上のものです。

    こういう人間が後を絶たない。
    良識ある者は、日々訴え、活動し続けるしかありません ฅ

  4. ここ

    動物にも感情があります!どなたか保護して新しい飼い主さん探してあげて

  5. ユキ

    飼い主さんに一言なぜ生き物をどうして飼うですか???里親探せよ可愛そに!!生きているだよ

  6. 名無しのもふもふ

    鼻の利く犬じゃないのによく辿り着けたな