高架下、雨ざらしの状態で放置されていた2匹の犬は保護されることを待っていた!

感動

保護団体『HOPE FOR PAWS』に、「高架下に鎖に繋がれた2匹の犬がいる」という連絡が入りました。そこにいたのは…短い鎖に繋がれ、身動きが取れなく困っている犬たちでした。

水も食べものもなく…放置された2匹

出典:https://youtu.be/fDaIajUX41U

連絡を受けた現場で『HOPE FOR PAWS』が目にしたのは、水も食べものもなく、自分の糞尿さえ避けることができない短い鎖で繋がれた犬の姿でした。

近くにいた警官に事情を説明し、犬を保護する許可をもらいます。

出典:https://youtu.be/fDaIajUX41U

少し離れた場所には、もう1匹まったく同じ状況の犬が…。

2匹ともお腹が空いていたようで、用意していた食べものを与えると、何のためらいもなく食べ始めます。

出典:https://youtu.be/fDaIajUX41U

自分たちが置かれている状況を理解しているのか、保護には協力的で自分から捕獲器に入ってくれました。

鎖を外してもらえて自由に歩けるようになったことが嬉しいのか、足取りが軽やかです。2匹には「サー・ギネス」「ムース」と名前が付けられました。

車に近付くと、久しぶりの仲間との対面に喜んでいます。何の抵抗もなく車に乗り込む姿を見ていると、やはり自分たちの状況を理解しているとしか思えません。

新たな人生に向けて再スタート

出典:https://youtu.be/fDaIajUX41U

とても人懐っこく賢い犬たち。雨ざらしで糞尿まみれという環境から抜け出せたことに喜びを隠しきれません。

病院で健康チェックを受けたあと、恐らく2匹はきちんとしつけをされていないため、トレーニング施設で訓練を受けさせることになりました。

出典:https://youtu.be/fDaIajUX41U

トレーニングとはいえ、2匹にとっては最高に楽しい訓練のようです。愛嬌たっぷりで、とっても愛らしい姿を見せてくれています。

飼い主に捨てられ、仲間とも引き離されて放置されていたのに、こんなにも輝いた笑顔を見せてくれるなんて…!優しく純粋な心を持った2匹。今度は幸せになってほしいですね。

2匹の様子は、実際の動画でぜひご覧ください。

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています


両耳を切り落とされてしまった保護猫!マイクロチップからわかった真実とは?


21年連れ添ったライオンの仲良しカップルは動物園で同時に眠りについた

Comment