香港で大人気の「クリーム兄貴」って?かわいい店長さんとしての仕事っぷりをご覧あれ

かわいい

香港に世界中の人々が知っている看板猫がいます。その名もクリーム兄貴。役職は店長なのでさぞかし忙しく働いているかと思いきや全く動きません。その上商品の上で寝てるとは。なんて暢気な店長さん。

クリーム兄貴は新聞屋の店長さん

出典:https://livedoor.sp.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/0/c/0c8f048f.jpg

香港の新聞販売店に看板猫の店長さんがいます。その名もクリーム兄貴。ブリティッシュショートヘアーのオス猫ですが、その毛色からこの名前が付き、体重も約7キロほどあるぽっちゃりさんなのです。世界中から一目兄貴を見ようと人々がやって来ます。一見普通の猫の様に見えるのですが、何故こんなに人気があるのでしょうか?

彼はこの店のオーナーの飼い猫で、ある日突然失踪。26日間も行方不明になってしまったのです。その時オーナーがFACEBOOKに捜索願を出したのがきっかけで一躍有名になり、無事発見されましたが、失踪の理由は未だ彼の口から語られることはありません。

「クリーム姉さん」と夫婦そろって人気者

出典:https://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/4/d/4d5e9e80.jpg

失踪騒ぎが収まったと思ったら彼に会いたいと香港はもちろん世界中からお客様がくるようになり、彼のFACEBOOKのフォロワーは17万人、毎日写真がアップされ、サイン会や写真集、20を超える大手広告会社とのお仕事。ジャッキーチェンを超える勢いで、様々なオリジナルアイテムも販売され始めました。
しかし、当のご本人いたって冷静で、パートナーのクリーム姉さんとゆったりお昼寝。

2020年5月に逝去

2016年、新聞スタンドの家賃高騰の為、オーナーが店を閉める事にしたのですが、閉店の日には最後にクリーム兄貴に会いたいと大勢の人やメディアがつめかけました。そして、2020年5月長年患っていた胃がんの為彼は14才で虹の橋を渡って行きました。逝去のニュースも世界中を巡り、多くの人々が涙を流したという事です。

こんな記事も読まれています


【似合いすぎ!】飼い主さんのアイデアが光る!顔はめパネルで蜂になってしまった猫


コーギーのおしりに”カメラ”をつけた結果「ドッグランを走ってる気分」になる撮影に成功


【危険】猫も日焼けは絶対ダメ!!日光のせいで片目と耳を失った保護猫

Comment