虐待のトラウマが激しいピットブル、だんだんと心が溶けていく様子に感動

感動

SNSに投稿された側溝に暮らすピットブルの女の子の話を、ロサンゼルスにある保護団体『HOPE FOR PAWS』が目にしたことから、ピットブルの運命はガラリと変化!虐待され人間不信だった「ナラ」の心が溶けていく様子をご覧ください。

虐待のトラウマから人間が怖いピットブルの女の子「ナラ」

出典:https://youtu.be/llHU6opxWDk

SNSに投稿されていたのは、側溝に隠れて暮らし、常に怯えているというピットブルの若い女の子の話。

投稿した女性が食べ物を与えていましたが、その女性に対しても怯え、立ち去るまで食べようとしない…。

男性の声が聞こえてくるだけで逃げ出してしまうことから、男性に虐待されていたのではないかという内容でした。

出典:https://youtu.be/llHU6opxWDk

『HOPE FOR PAWS』はその投稿を知り、女性と連絡を取ってナラの保護をすることに。

ナラは側溝に身を隠し、出てこようとしません。それどころか、食べ物を差し出しても目を伏せて、こちらを見ようともしません。

出典:https://youtu.be/llHU6opxWDk

時間をかけて少しずつナラに触らせてもらえるようになりますが、不安そうな表情が消えることはありません。

リードをかけても、不安と困惑と恐怖から固まってしまいます。

出典:https://youtu.be/llHU6opxWDk

そして、やっと側溝から出すことができたナラに、男性スタッフが愛情を込めて抱きしめます。

人間が怖い、特に男性が怖いナラに、何としても怖がらなくていいことを伝えたい。

その一心から、男性スタッフはナラに優しく囁き、優しく撫でる…。

ナラの心に変化が…

出典:https://youtu.be/llHU6opxWDk

思いが伝わったのか、ナラは男性スタッフの手から食べ物を食べてくれるまでに!

ずっと女性が食べ物をあげていても、決して女性の前では食べなかったナラですが、ナラの中で何か変化が起こったようです。

出典:https://youtu.be/llHU6opxWDk

更には、自分からパクッと食べてくれた!

出典:https://youtu.be/llHU6opxWDk

2時間後…ナラは歩道にいました。ナラはたくさんの人に可愛がられ、子供が触っても大丈夫なまでに…。

ナラは一時預かりさんの家で、永遠の家族を待っています。今では男性も犬もみんな大好き!辛い思いをしてきたナラですが、これからは安心して幸せに暮らしてほしいですね。

ナラの変化を実際に動画でご覧ください。

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています


”逃げられないよう細工された鎖”に繋がれて食べ物も水も与えられていなかった犬を救出!


獣医に『安楽死』を勧められた子猫マチルダが元気いっぱいの猫になるまで

Comment