「この人たちは良い人だ」痛みで動けなかった犬はレスキュー団体の気持ちを察した

感動

ある日、保護団体『Hope For Paws』の元に「家に知らない犬がやってきてその場で倒れてしまった」との通報が入りました。急いで現場に向かうと、そこには痛みで立ち上がることができない弱った犬が…。

痛みで動けなくなった犬は保護に協力的!

『Hope For Paws』に入った通報は「知らない野良犬が家の敷地に入ってきて倒れてしまった」というもの。どうやら弱っているらしい犬を早急に救助するため、すぐさまスタッフは現場へ急行しました。

出典:https://youtu.be/ll8cTIg2rwM

通報を受けた家に行くと、そこには明らかに弱った様子を見せて横たわっている犬を発見。スタッフが近寄ると、反応はあるものの、体が痛むようで動くことができません。

最初は怯えていた犬でしたが、スタッフたちが優しく接していくうちに、「自分を助けてくれるのかも」と理解したのでしょう。痛みでつい牙をむき出してしまうこともありましたが、大人しくマットに包まれ、保護に協力的な姿勢を見せてくれました!

出典:https://youtu.be/ll8cTIg2rwM

「ミロ」と名付けられたこちらの犬は、車の中に運ばれると安心したのでしょう。脱力した様子で包まれた毛布の上で横たわり、じっとスタッフを見つめています。

その後、起き上がったミロは逃げ出そうとする様子も見せず、おとなしく車の中でお座りをしています。助けられたことを理解しているようです。とても賢いですね!

病院で検査・治療・ケアを実施

出典:https://youtu.be/ll8cTIg2rwM

その後、すぐに病院へ直行したスタッフとミロ。検査の結果、骨折ではなく感染症にかかっていたことが判明しました。

どうやら肩のあたりに大量のうみが溜まってしまい、それが原因で強烈な痛みを伴っていたようです。すぐにこのうみを取り出す手術が始まりました。

どうやらこのうみは、他の犬に噛まれてしまったことが原因のようです。喧嘩にでもなってしまったのでしょうか。壮絶な傷跡から細菌感染してしまったとのことです。

出典:https://youtu.be/ll8cTIg2rwM

手術が終わり、エリザベスカラーを装着し、痛み止めや抗生物質を打ってもらい治療は終了です。傷を治癒するまではまだ時間がかかりますが、焦らずじっくりと治療していくようです。

出典:https://youtu.be/ll8cTIg2rwM

その後、お風呂にも入り綺麗になったミロは、ホッと一安心した様子です。先ほどとは見違えるほど穏やかな表情に激変!撫でてあげるととても嬉しそうな表情を見せてくれました♡

治療したばかりですが、すっかり気分は元気いっぱい!1歩1歩助けてくれたスタッフに近寄る姿はまるで感謝を伝えているようです。

体も大きくブルブルと振り、明るく快活な様子を見せてくれて、スタッフも一安心。あっという間に元気よく動き回り、男性スタッフに近寄り甘えるような仕草も見せてくれています!

ミロのその後

出典:https://youtu.be/ll8cTIg2rwM

その後、ミロは他の犬たちもいる里親さんの家へと引き取られることが決定!なんと今では元気に走り回り、先住犬である老犬にも良い影響を与えているのだとか♡

素敵な出会いを果たし、幸せそうに暮らしているミロの姿は、動画の最後で観ることができます。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:HopeForPaws-OfficialRescueChannel

動画も見たい方はこちら

Hope For Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています


【感動】離れ離れになった兄弟犬、奇跡の出会いを果たし抱き合って喜ぶ


後遺症で「イカ耳」が治らない「猫」仲間の理解を得て保護猫たちの里親として生きる

Comment