車に轢かれそうになっていた子猫を保護したところ…まさかの展開に驚愕!!

感動

夕暮れの交通量の多い道路で、車にむかって飛び出そうとしていた子猫を保護した女性。しかし…子猫について衝撃の事実が発覚しました!

車に飛び込もうとしていた子猫を保護

出典:https://youtu.be/LwPsDoXgSso

友人と夕食を食べにいくために車を走らせていたジルさんは、道路に沿って走る小さな動物を見かけました。

次の瞬間、道路を走る車の下に飛び込もうとしています。

ジルさんは思わず急ブレーキを踏み動物に近付いていると…そこにはとっても小さな子猫の姿がありました。

出典:https://youtu.be/LwPsDoXgSso

周りを見渡しても母猫らしき姿はなく、飼い主もいない様子。

「もしかしたら誰かに捨てられた?」そう思ったジルさんは、子猫を保護することにしました。

家に連れて帰り、子猫がすごせる場所を作ります。

出典:https://youtu.be/LwPsDoXgSso

子猫が寒くないように、自分のセーターをダンボールに入れてベッドまで…!

子猫の正体は一体…?!

出典:https://youtu.be/LwPsDoXgSso

翌朝。

隣人が訪ねてきて子猫を目にすると、「それはリンクス(オオヤマネコ)の赤ちゃん」と…!

ペットの子猫だとばかり思っていたジルさんですが、その言葉を聞いて野生動物の保護団体『For Fox Sake』に連絡を入れてみることに。

出典:https://youtu.be/LwPsDoXgSso

ジルさんが保護したリンクスの赤ちゃんは、施設ですくすくと成長を見せます。

出典:https://youtu.be/LwPsDoXgSso

リンクスを野生に戻すためにも、徐々に人間との関わりを減らしていく取り組みが行われました。

しかし、あの時ジルさんが保護していなかったら…。車にひかれていなかったとしても、リンクスの赤ちゃんが一人で生き抜くことは難しく、ここまで成長することはできなかったでしょう。

保護された当時の姿や、成長した姿を実際の動画でぜひご覧ください。

動画も見たい方はこちら

こんな記事も読まれています


【感動】離れ離れになった兄弟犬、奇跡の出会いを果たし抱き合って喜ぶ


後遺症で「イカ耳」が治らない「猫」仲間の理解を得て保護猫たちの里親として生きる

Comment